乗鞍岳 冬の3,000メートル峰に挑む【再訪編】

位ヶ原から見た乗鞍岳の山頂部
長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる乗鞍岳(のりくらだけ)に登りました。
北アルプス南部に位置し、日本で19番目に標高の高い山です。夏山シーズンであれば、標高2,702メートル地点にある畳平までバスで乗り入れることが可能であり、3,000峰の中では簡単に登ることが可能な山です。
なだらかな山容を持つ山であることから、歩行距離が少々長くはなるものの、冬季においても比較的登りやすい山となっています。
前回訪問時の敗退から1年。冬季3,000メートル峰への再挑戦をして来ました。

2018年3月3日に旅す。


昨年の宿題を片付けよう。

いつも思いつきで行き当たりばったりな山行きを繰り返しているオオツキですが、流石に相手が冬季の3,000メートル峰ともなると、満を持すということを知っています。

週末が近づく度に天気図とにらめっこし、乗鞍岳界隈が晴天になる時を待ち構えていました。

かくして遂に決戦の時来る。
180303乗鞍岳_002
完璧な晴天の予報を携え、満を持して挑んだ雪辱戦。はたして登頂は叶うのか。
懲りない雪山初心者の、冬の3,000メートル峰への再挑戦です。

コース
170319乗鞍岳_map1
乗鞍高原スキー場のリフト頂上部からスタートし、ツアーコースと呼ばれるバックカントリースキーのルートを通って位ヶ原山荘分岐へ。そこから斜面を適当に登って肩の小屋脇を通り、稜線沿いに山頂を目指します。

前回訪問時と全く同じコースです。基本的に冬季の間は他の選択肢はありません。

1.乗鞍岳登山 出発編 松本市内で前泊

3月2日(金) バスタ新宿
定時速攻で職場を抜け出し、やって参りましたバスタ新宿。明日の朝一から行動を開始できるように、松本に前乗りします。
甲州街道から見たバスタ新宿

もはやすっかりおなじみのアルピコカラーの高速バスに乗車します。
バスタ新宿に停車するさわやか信州号

松本バスターミナルまでの運賃は3,500円也。
JR東の特急あずさを使うよりは断然安く済みます。運行本数も多くとても便利です。
松本行きのバスチケット

3時間ほどの乗車時間で、松本バスターミナルに到着しました。
松本バスターミナル

松本市内の宿に前泊します。特にこだわりは無いので、いつも適当に安いところを探します。
本日の宿はこちら。駅チカで素泊まり4,800円でした。
松本市内のリッチモンドホテル

2.松本市内から乗鞍高原スキー場へ

空けて翌朝、3月3日(土)。
外気温はマイナス3度です。この季節としては比較的暖かい方でしょうか。
松本駅駅前の温度計
駅前のファーストフード店でガッツリとした朝食を取ります。
何せ本日は体力勝負ですからね。十分なカロリーを摂取しておかねばなりません。

松本駅から乗鞍高原スキー場までの往復券を購入します。電車とバスがセットになった切符です。値段は3,300円也。
乗鞍高原スキー場行きの切符
ここまでは、すべてにおいて前回訪問時と同じです。
前回と違っている点と言えば、、

それは駅から乗鞍岳が見えていることです。
実に素晴らしい。気象予報サイトの予測はしばし外れますが、天気図は嘘をつきませんでした。
松本駅から見た乗鞍岳
こうして見ると真っ白ですね。これは期待が高まると言うものです。

<参考画像>
前回訪問時はこうでした。
松本駅から見た乗鞍岳方面(ガスで見えない)

7時16分発の新島々行きの電車に乗り込みます。
始発電車は6時31分発ですが、その先のバス乗り継ぎの都合上、始発に乗る意味はありません。
松本駅ホームに停車する新島々行きの電車

ほんの少数の酔狂な岳人を乗せただけのガラガラの電車が、一路新島々を目指します。
所要時間は30分ほどです。
上高地線の車内

駅に到着すると、目の前に乗鞍高原行きのバスが既に待機していました。
切符を見せてそのまま乗り込みます。こちらもガラガラでした。
新島々駅に停車する乗鞍高原行きのバス

8時57分 スキー場前に到着です。
素晴らしい青空が広がっていました。思わず心の中でガッツポーズです。
乗鞍高原スキー場

最上部のかもしか平まで、スキーリフトを3回乗り継ぎます。
と言うことで1回券を3枚購入します。値段は合計で1,200円です。
乗鞍高原スキー場のリフト券

ザックを前方に抱えてリフトに乗ります。
スキー板を履いていない搭乗者が居ると、係りの人がリフトを減速してくれます。おかげでスムーズに乗れました。
乗鞍高原スキー場のリフト

リフトから、目指す乗鞍岳の山頂部がクッキリと見えました。
乗鞍高原スキー場のリフトから見た乗鞍岳

山頂部を最大ズーム。
予報では山頂の風は相当強いようでしたが、ここからでは雪煙が舞い上がっているような様子は見て取れません。
乗鞍高原スキー場のリフトから見た乗鞍岳

最上部のかもしか平へ向かいます。
乗鞍高原スキー場 カモシカ平行きのリフト
このゲレンデは上級者向けのコースです。スキー板を履いた状態だったら、行ってみようとは思わない傾斜です。

なにせ下手っぴなのでね。

9時50分 かもしか平に到着しました。
登山開始時間としては遅めですが、公共交通機関頼みの身としては、こればかりは如何ともしがたい。
乗鞍高原スキー場 かもしか平

3.乗鞍岳登山 登頂編 踏み抜きと暴風を乗り越え、3,000メートルの頂を目指す

始めは、通称ツアーコースと呼ばれている、バックカントリースキーのコースに沿って登っていきます。
180303乗鞍岳_021
この日の気温は高めで、雪はだいぶ緩んでいました。
周囲の人たちは軒並み、シールをつけたスキー板かスノーシューを履いています。

そのどちらも持っていない私は、ワカン装備で行きます。
久しぶりすぎて装着の仕方をなかなか思い出せず、20分ほど時間を要しました。
ワカンを装着した足元
とりあえず外れはしなかったですけれど、付け方はこれであっていますよね??

登り始めは結構な急勾配です。
そしてワカンを付けていると言うのに、足が埋まる埋まる。ツボ足だったらどういう事になってしまうのでしょう。
180303乗鞍岳_023

前回訪問時は始めからアイゼン装着で快適に歩けたのですが、今日はラッセル状態です。
一向にペースが上がりません。
180303乗鞍岳_024

背後の視界が開けてきました。正面に見えているのは中央アルプスです。
180303乗鞍岳_025

緩んだ雪の中を歩くのは非常にキツイ。
思いのほかスタミナを消耗して、すでにバテ気味です。
180303乗鞍岳_026
防寒への不安が軽減されるものの、暖かすぎるというのも考えようですね。

11時15分 位ヶ原山荘分岐に到着です。
ここまで前回実績よりもやや押しています。
乗鞍岳 位ヶ原山荘分岐
週末のみではありますが、位ヶ原山荘は冬季にも営業しています。今回の再訪に際しては、当初は小屋泊を検討していました。

しかしながら、土曜のほうが天気が断然良さげであったため、急遽予定を変更して前日乗り入れの日帰りに変更したと言う経緯があります。

ここからは周囲に樹林がなくなり、強風に晒されます。
そうそう、乗鞍岳と言うのは確かにこんな感じでした。段々思い出してきましたよ。
乗鞍岳 位ヶ原山荘分岐

ここからは斜度が増してくるので、アイゼンに履き替えます。
ズブズブ埋まるけれど、安全のためには致し方なしです。
12本爪アイゼンを装着した足元

歩行を再開します。
周囲はスキー板を履いている人ばかりです。ツボ足で歩いているのは私くらいなものか。
180303乗鞍岳_030
180303乗鞍岳_031

平坦な場所に出たら少し雪が硬くなり、埋まり具合が改善されました。
冷たい強風に晒される場所なので、ここはあまり雪が緩まないのかもしれません。
180303乗鞍岳_032

強風が吹くと、このように一瞬何も見えなくなります。
それでも、一面シルキーなガスの中だった前回よりは、全然マシな状況です。
180303乗鞍岳_033

最高峰の剣ヶ峰が正面に姿を現します。
一面白く染まったその姿は、神々しいまでの美しさです。
位ヶ原から見た乗鞍岳の剣ヶ峰

前方彼方に、肩の小屋の姿が見えて気ました。
一面の雪面で距離感が掴み辛いですが、まだまだ結構な距離があります。
位ヶ原から見た肩の小屋

12時30分 トイレ小屋を通過。
ここから再び斜度が増してきます。
乗鞍岳 トイレ小屋

この辺りまで来ると、空気の薄さがはっきりと感じられるようになってきます。
3歩進んでは深呼吸を繰り返しながら、鈍足で登っていきます。
180303乗鞍岳_036

山頂の上に雲が出て来ました。
幸いなことに高曇りなので、遠望に関しては問題はなさそうです。
180303乗鞍岳_037

肩の小屋までもう一息。
ハッキリいってキツイ。前半の踏み抜き地獄で、思いのほか体力を消耗してしまったようです。
180303乗鞍岳_038

右側に見えているのは摩利支天岳(2,876m)です。
山頂にあるドーム型の建物は、国立天文台が設置したコロナ観測所です。
1乗鞍岳 摩利支天岳

強風の通り道である肩の小屋付近には、一面に見事なシュカブラが育っていました。
乗鞍岳 斜面のシュカブラ

剣ヶ峰本体の前に朝日岳(2,975m)が立ちはだかります。
夏道は山腹をトラバースするのですが、冬季には道が埋まっているので直登します。
乗鞍岳 肩の小屋から見た朝日岳

所々に岩が露出した、かなりの急登りです。
相当必死だったらしく、殆ど写真が残っておりません。
乗鞍岳 朝日岳への直登

背後を振り返ると、絶景が広がっていました。
摩利支天岳の後ろにある窪地状の場所が畳平です。夏山シーズンにはあそこまでバスで上がってこれます。
180303乗鞍岳_043

13時55分 朝日岳の山頂まで登ってきました。
情けないことに、もはや息絶え絶えです。
乗鞍岳 朝日岳の山頂

目の前に山頂の剣ヶ峰が姿を現します。ここまで来れば、もう一息です。
乗鞍岳 朝日岳から見た剣ヶ峰

ちなみに乗鞍岳は火山です。こちらが火口です。夏には雪解け水が溜まった火口湖が出現します。
火山としては富士山、御嶽山に次いで日本で三番目の高さになります。
乗鞍岳の火口

稜線に出たら、これまでとは桁違いの強風に晒されました。
歩行に困難をきたすレベルの風です。
180303乗鞍岳_047
飛騨山脈の主脈から少し外れた位置にある乗鞍岳は、半ば独立峰のようなもので、冬季の気圧配置下では非常に強い風が吹きます。

擦れて見えませんが、蚕玉岳(こだまだけ)とかかれている標識の前を通過します。
剣ヶ峰手前の最後のピークです。
180303乗鞍岳_048

蚕玉岳から振り返ってみた朝日岳。
180303乗鞍岳_049

山頂直下最後の登りです。
強風に体を揺すぶられて、思うように歩けません。
180303乗鞍岳_050
180303乗鞍岳_051

立派なエビの尻尾が生えた鳥居を潜れば、いよいよゴールです。
乗鞍岳山頂の鳥居

14時15分 乗鞍岳 剣ヶ峰に登頂。
1年越しの宿題がようやく完成しました。気分最高と言たいところですが、疲れすぎて歓声すら上げられない状態でした。
乗鞍岳 剣ヶ峰の山頂標識

山頂の様子
朝日権現の小さなお社が建っています。登山者の風除けのように使われてしまっていますが。。
乗鞍岳 剣ヶ峰山頂の様子

4.乗鞍岳山頂からの絶景

乗鞍岳は南北中央アルプスのほぼ真っ只中にある山であるため、山頂からの眺望は抜群です。
正面に見えているのは御嶽山(3,067m)。
乗鞍岳から見た御嶽山

こちらは北アルプスの山々です。この通り一面真っ白です。
乗鞍岳から見た北アルプス

山名入り。キリが無いので有名所だけです。
乗鞍岳から見た北アルプス(山名入り)

ここまで歩いてきた肩の小屋方向の稜線を見下ろす光景。
180303乗鞍岳_058

諏訪方面の展望。
右奥に見えているのいるのが八ヶ岳連峰かな。
乗鞍岳から見た八ヶ岳

南方向の展望。
左奥に見えているのが南アルプスで、右が中央アルプスです。
乗鞍岳から見た南、中央アルプス

超広角の世界を覗いてみましょう。
180303乗鞍岳_061
180303乗鞍岳_062
・・・
冬季3,000メートル峰の山頂でカメラのレンズを交換するというのは、実に馬鹿げた行為です。
はじめから高倍率ズームを付けておきましょう。

僅か数秒の間、素手を露出しただけなのに、指先が冷たいを通り越して痛い。

最後に山頂から見ろした火口を一枚。
180303乗鞍岳_063

5.乗鞍岳 下山編 踏み抜き地獄再び

宿題を片付けて達成感でいっぱいになっておりましたが、まだ終わってなどいません。
家に帰るまでが登山なのです。まだ道半分なのだと、気合を入れなおします。

14時40分 下山を開始します。
この時間になっても、まだ登ってくる人がチラホラといました。山小屋に泊まる人たちでしょうか。
180303乗鞍岳_064

朝日岳をトラバースする人の姿が見えましたが、ちょっと自信が持てなかったので、素直に登り返します。
180303乗鞍岳_065

肩の小屋に向かって下っていきます。
この斜面でピッケルに持ち替えている人と、ストックのままの人の割合は半々くらいでした。
180303乗鞍岳_066
岩やハイマツがたくさん露出しており、滑落のリスクは小さいと判断したので、私はストックのままです。

肩の小屋まで降りて着ました。
この小屋は冬季に営業はしていません。避難小屋としても開放されていないハズです。
180303乗鞍岳_067

前回訪問時は真っ白で何も見えなかった剣ヶ峰口。
乗鞍岳 剣ヶ峰口

晴れていればこんな光景だったのですね。
乗鞍岳 剣ヶ峰口から見た山頂

さあ、あまりのんびりしていると日没時間が迫ってきてしまうので、サクサク下ることにしましょう。
180303乗鞍岳_070

前回ホワイアウトして迷いかけた位ヶ原に入ります。ここは晴天であっても迷いやすい場所です。
トレースは強風ですぐに掻き消えてしまうので、しっかりと地図をみて地形を確認しながら歩きましょう。
乗鞍岳 位ヶ原の雪原

乗鞍エコーラインのものと思われるガードロープが埋もれているのが見えました。
この道が除雪されて通行可能になるのは、例年だとGWが明けた5月の中旬ごろです。
180303乗鞍岳_072

行きに通った時よりも気温が上がり、雪の状態はさらに悪くなっていました。
ズブズブと埋まりながら下っていきます。
180303乗鞍岳_073

位ヶ原山荘分岐が見えてきました。
180303乗鞍岳_074

乗鞍岳もこれで見納めです。
さらば乗鞍。次回来ることがあれば、そのときは小屋に泊まります。日帰り強行軍にはコリゴリです。
180303乗鞍岳_075

下山は、むしろここからが試練でした。踏み抜きに苦しみながら下っていきます。
ゲレンデまで辿り着けば、圧雪されているから歩きやすくなるはずだ!
180303乗鞍岳_076

すっかりグズグズになっていて、シリセードも全く出来ません。
一体なんなんだ、この雪は!
180303乗鞍岳_077

16時50分 下りでも息絶え絶えになりつつ、なんとかかもしか平まで戻ってこれました。
既にリフトの営業が終了している時間なので、周囲は静まり返っています。
180303乗鞍岳_078

思ったとおり、圧雪されている雪は非常に歩きやすいコンデションでした。
ゲレンデを独り占めしながら、気持ちよく下っていきます。
180303乗鞍岳_079
180303乗鞍岳_080

17時30分 乗鞍スキーリゾート入口まで無事に戻ってこれました。
180303乗鞍岳_081

もうあまり時間が残っていなかったので、温泉は諦めました。
風除けも何も無い吹っ晒しのバス停で、最郵便のバスを待ちます。
乗鞍高原スキー場のバス停

行きと全く同じ経路を逆に辿り、松本駅へと戻ります。
新島々駅のホームに停まる松本行きの電車

20時発のスーパーあずさ最終便に乗って、無事に帰還です。
新型のあずさに始めて乗りました。座席にコンセントまで付いていて、実に快適でした。
松本駅ホームに停まるスーパーあずさ

最後に、公共交通機関を利用して冬季の乗鞍岳に登るのに、どれくらいの費用がかかったまとめておきましょう。
①新宿から松本までの高速バス 3,500円
②前泊の宿代         4,800円
③松本駅からスキー場まで往復 3,300円
④かもしか平までのリフト代  1,200円
⑤松本駅から新宿まで(あずさ)6,376円
合計            19,176円

合計およそ2万円と言ったところです。
北アへ遠征する費用と考えれば、夏とあまり変わりませんね。

まずまずの天気に恵まれて、宿願だった冬季3,000メートル峰の登頂は無事成功に終わりました。
位ヶ原山荘のサイトによれば、この季節の乗鞍岳への登頂成功率は3割ほどだそうです。登頂できるかどうかは天候に左右されるところが大きいかと思います。
コンデションが良ければ、コース上に特に難所と言える場所はありません。ともかく体力勝負となる山なので、体調を万全に整えて挑みましょう。気温が高いと雪が緩んで踏み抜き地獄になるので、あまり暖かくなる前のほうが登り易いかもしれません。
山頂からの眺望は前評判通り最高でした。白く染まった槍穂高の姿を眺めるためだけでも、この山に訪れる価値は十分にあろうかと思います。

<コースタイム>
かもしか平(10:10)-位ヶ原山荘分岐(11:15~11:30)-トイレ子屋(12:30)-朝日岳(13:55)-剣ヶ峰(14:15~14:40)-肩の子屋(15:20)-位ヶ原山荘分岐(16:00)-かもしか平(16:50)-乗鞍スキーリゾート入口(17:30)

乗鞍岳山頂の標識

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました