日光白根山 奥日光にそびえ立つ関東地方最高峰

丸沼高原ロープウェイ山頂駅から見た日光白根山
栃木県日光市と群馬県片品村にまたがる日光白根山(にっこうしらねさん)に登りました。
標高2,578メートルの関東地方最高峰です。日光の最も奥まった位置に立地するこの山、都内発で公共交通機関のみを利用して日帰り登山をしようと思うと、なかなかタイトなスケジュールとなります。
鈍行列車で行く慌しい遠征登山をして来ました。

2016年7月23日に旅す。

 


今回は世界遺産の町日光の最も奥地に鎮座する名峰、日光白根山に登ります。

関東地方最高峰のタイトルを保持する高峰です。日本国内には、この山より北に標高2,500メートルを越える山は存在しません。
男体山からみた白根山

以前に、男体山へ登った際、山頂からまだ雪を被っている白根山の姿を見て、なんとなく「今度はあそこに登ろう」と心中に期しておりました。今回、ようやくその日が訪れたという訳です。

コース
160723_map
丸沼高原スキー場より、ロープウェイを使って標高2,000メートル地点の山頂駅からスタートします。
山頂駅から白根山へ登頂し、五色沼を経由してへ日光湯元へと下る。標準コースタイム6時間20分ほどの山行きです。

1.日光白根山 アプローチ編 ロープウェイを使って標高2,000メートルの世界へ

8時30 東武日光駅
自宅からおよそ3時間半をかけてやってきました。男体山に登った時と同様に、特急には乗らず快速電車の利用です。(
東武日光駅のバスターミナル
別に特急券代をケチっているわけであません。騒音の問題なのか何なのかは知りませんが、JRも東武も早朝に特急を走らせてくれないのです。

2017年4月のダイヤ改定で快速電車は無くなった模様。

10時
東武日光駅からバスに揺られることおよそ1時間30分で、終点の日光湯元に到着です。ここまで運賃は1,700円と結構なお値段がします。
日光湯元のバスターミナル
都内から東武日光までの電車賃は、特急に乗らなければ2,000円以下に収まります。走行距離の長さを考えればかなりお安いと言えるでしょう。

その代わりと言ってはなんですが、日光エリアにおける東武バスの運賃はお高めです。

 

この価格設定は、客を安く懐(日光)に誘き寄せておいておいて、あとからゆっくりと搾り取ってやろうと言う、東武グループの深慮遠謀によるものなのでしょう。

湯元から丸沼高原までは無料のシャトルバスが運行されています。正面に写っている水色のマイクロバスがそうです。
日光湯元ー丸沼高原のシャトルバス

丸沼高原まで回りこまずに、日光湯元から直接白根山に登ることも可能です。ただし、湯元から白根山頂までの往復コースタイムは、10時過ぎにスタートして日帰するには少々厳しい長さです。

 

ここから歩きたい人は湯元温泉に前泊するのが良いでしょう。

バスの車窓から男体山が見えました。
160723日光白根山_006

丸沼高原までの所要時間はおよそ30分ほどです。

距離の割りに所要時間が短めなのが気になっていましたが、乗ってみて納得です。このバス、めちゃくちゃ飛ばします。

10時30分 丸沼高原スキー場に到着しました。
丸沼高原スキー場のセンターハウス
10年以上前にスキーに訪れたことがありますが、あまり良く覚えていません。当時は奥にある山が白根山なのだという認識も無かったような気がします。

ゲレンデには人口芝のようなものが敷き詰められていて、夏でも滑走が出来るようです。転んだら火傷するんじゃないかな・・・・
夏の丸沼高原スキー場

ロープウェイに乗り込みます。湯元に抜けるつもりでいるので片道切符です。料金は1,100円でした。
160723日光白根山_009

正面に白根山の山頂部がお目見えです。見事なまでに「山」の字の形をしておりますな。
160723日光白根山_010

眼下に次々と雲が沸き立って行き、なかなか壮観です。
160723日光白根山_011

所要時間15分ほどで山頂駅に到着します。
160723日光白根山_012

10時50分
丸沼高原ロープウェイ山頂駅に到着。あと一時間もすれば正午になるという時間になって、ようやく登山を開始できます。遠いですね白根山。
160723日光白根山_001

レストハウスで白根山の山バッジが買えます。コレクターの方は忘れずに立ち寄りましょう。

無料の足湯などもあります。日光白根山は現役の活火山であり、当然ながら付近には温泉が豊富に湧出しています。ピストンするのならば、帰りに立ち寄ると良いでしょう。
丸沼高原スキー場 天空の足湯

ロープウェイ山頂駅付近は庭園風に整備されていました。ここは登山をせずに観光だけを目的に訪れる人もいる場所です。
夏の丸沼高原スキー場山頂駅

ロープウェイが2000メートル地点まで運んでくれたため、山頂までの標高差は600メートルにも満たない高さしかありません。実にお手軽な登山と言えるでしょう。
日光白根山の山頂部

 

2.日光白根山 登頂編 血の池地獄を乗り越え、関東地方最高地点を目指す

鳥居を潜って登山開始です。
160723日光白根山_016

 

ここにも二荒山神社がありました。二荒山神社といえば、東照宮の奥にある本宮や中禅寺湖畔にある中宮が有名です。これは何宮なんですかね?
160723日光白根山_017なんでも日光と呼ばれる地域のほぼ全体が、二荒山神社の境内なのだとか。

鹿除けのゲートがありました。
160723日光白根山_018

登り始めはほぼ平坦な道です。コメツガとダケカンバの原生林の中を進んで行きます。
160723日光白根山_019

10分ほど歩くと最初のチェックポイントである不動岩が現れました。
160723日光白根山_020

まあ、確かに動きはしないでしょうねえ。・・・イヤそういう意味ではなく、不動明王を祭っているのでしょうと、セルフ突っ込みを入れておく。
160723日光白根山_021

見上げるような高さです。一目で溶岩と分る岩肌をしています。どの辺がお不動様なのでしょう。
160723日光白根山_022

 

11時10分 分岐地点に出ました。ここまではずっと平坦な道です。

160723日光白根山_023

血ノ池獄なるオドロオドロしい案内があるので、寄り道してみることにしました。
160723日光白根山_024

これが血ノ池地獄である。
・・・ただの汚い水たまりにしか見えませんが、きっとこれが地獄の入り口なのでしょう。
160723日光白根山_025
160723日光白根山_026
正直わざわざ見に来るほどの価値は無いですね。山頂を目指しているのなら無視して真っ直ぐ進むのが良いでしょう。

引き返して元のルートに復帰します。
160723日光白根山_027

これが地図上にも記載のある大日如来像ですかね。この像を脇を過ぎるあたりから本格的な登りが始まります。
160723日光白根山_028

振り返ってみるロープウェイ山頂駅。
大分雲が沸いて来ています。やはり正午近くの時間ともなると、どうしても雲が上がって来てしまいますね。
160723日光白根山_029

地図上では一本道なハズなのに、脇道へと続く踏み跡があり一瞬うろたえました。バリエーションルートかなにかでしょうか。
160723日光白根山_030

樹林帯の道は全般的にしっとりとウェットな空気をしており、カニコウモリやコケの一族が大いに繁茂していました。
160723日光白根山_031
160723日光白根山_032

登山道から見えているこちらの立派な山は錫ヶ岳(2,388m)。一般登山道が存在しない非常にマニアックな山ですが、前白根から尾根沿いに歩いていくことが可能なようです。
160723日光白根山_033

背の高い木が段々少なくなって来ました。森林限界が近い。
160723日光白根山_034

山頂部が視界に入りました。いかにも火山らしい、ゴツゴツした岩がむき出しになっている姿をしています。
160723日光白根山_035
160723日光白根山_036

これはかつての噴石の跡なのでしょうか。
160723日光白根山_037

登山道脇に咲いていたハクサンフウロ
160723日光白根山_038

ガスが近くまで迫ってきました。白根山頂は関東地方有数の展望スポットそして知られています。ガスに巻かれたらそれが台無しになってしまう。
160723日光白根山_039
160723日光白根山_040

無常にも、山頂到達前にガスに飲まれてしまいました。なんてこったい。血ノ池地獄になんかに寄り道しなければ良かった・・・
160723日光白根山_041

噴火口跡らしき場所にでました。白根山の山頂にはこのような小さな噴火口跡がいくつもに存在し、なんと言うか非常にデコボコした地形をしています。
160723日光白根山_042
160723日光白根山_043
160723日光白根山_044

12時35分 白根山登頂
さあ、これが関東地方有数の大展望だ(涙)
160723日光白根山_045
白根山はすっかりガス根山と化してしまいました。残念!

白根山山頂から火口湖の五色沼が少しだけ見えました。見事なエメラルドブルーの湖水を湛えています。
160723日光白根山_046

ちなみに、白根山に登ったのはポケモンGOが配信開始されたちょうど翌日です。この日、山頂の至るところでスマートフォンを片手にウロウロしている人を見かけました。
160723日光白根山_047
言うまでもないことですが、山の中で余所見をして歩く行為は非常に危険です。というか、歩きスマホは山の中でなくても危険です。

少し離れた場所から見た山頂部の様子。非常にゴツゴツしています。
160723日光白根山_048

 

3.火口跡に広がる神秘の五色沼

五色沼経由で湯元へ向かって下山を開始します。まずは五色沼の湖畔まで下っていきます。
160723日光白根山_049
160723日光白根山_050

砂礫の斜面を一気に下ります。かなりの急勾配でした。
160723日光白根山_051

鹿がいました。入り口にあった鹿除けのゲートはあまり役には立っていないようですね。
160723日光白根山_052

谷底まで下ってきました。ここから五色沼方向に向かいます。
160723日光白根山_053

 

ここには避難小屋があります。
160723日光白根山_054白根山の山中には有人の山小屋やテントを張れるキャンプ指定地は存在しません。一泊したければここに泊まるしかない訳です。聞いた話ではネズミが出るらしいですが・・・

クルマユリ
160723日光白根山_055

ガマガエル。突然茂みの中で物音がしたので驚きました。
160723日光白根山_056

 

13時50分 五色沼に到着しました。とても標高2000メートル以上の場所にあるとは思えないような水辺の光景が広がっていました。
160723日光白根山_057この場所は周囲が山に囲まれているため、非常に高い音響効果が得られます。「ヤッホー」が大いに捗ることでしょう。

湖面の様子。
透き通っていて綺麗な水です。周囲からの湧水が流れ込んでいるのでしょうか。
160723日光白根山_058水深が深くなっている場所を境に、色の層が出来て見えます。残念ながら五色には見えませんが。。。二色沼ですね。

湖畔から望む白根山。
風の無い日であれば、ここから見事な逆さ白根を見ることが出来るそうです。この日はご覧の通り、風で湖面がゆれてしまって駄目でした。
160723日光白根山_059

五色沼から前白根に向かって登り返します。
160723日光白根山_060

途中に水場がありました。水量は豊富です。
160723日光白根山_061

ここで水を1Lほど調達しました。
160723日光白根山_062

斜面を登りきると稜線に出ます。稜線はすっかりガスに覆われていました。
160723日光白根山_063
ああ忌々しい。

目指す前白根もガスの中です。
160723日光白根山_065

高山植物の女王の異名をもつコマクサが咲いていました。
コマクサといえばピンク色のイメージがありますが、これは赤味の強い固体です。
160723日光白根山_066
160723日光白根山_067

一瞬ガスが晴れて五色沼が見えました。
晴れていたらさぞや凄い絶景であろうことが容易に想像できるだけに、口惜しさも一入です。
160723日光白根山_068

14時40分 前白根に登頂
見渡す限り一面の真っ白な世界です。
160723日光白根山_069

晴れていれば正面に男体山が見えるはずの場所ですが、この通りとても残念な状態です。
160723日光白根山_070

 

4.日光白根山 下山編 湯元へ続く長き下山路

後はもう下るだけです。まあ、この下りが非常に長いのですけれどね。
160723日光白根山_071

行きと同様に、ダケカンバの森の中を下って行きます。始めはずっと尾根沿いです。
160723日光白根山_072

下山の途中に天狗平と呼ばれる平坦地があります。休憩スポットのようですが、ベンチ等は何もありません。
160723日光白根山_073

 

このルートは全般的に荒れ気味です。無駄に長い道なので、今では余り使われてはいないようです。

160723日光白根山_074

途中から尾根筋を外れて谷底へ急降下が始まります。恐怖心を感じるくらいの急勾配です。
160723日光白根山_075

急坂を下リ続けることおよそ50分で、湯元スキー場のゲレンデが見えてきました。
160723日光白根山_076

ゲレンデに沿って下ります。ゲレンデに一面に花が咲き誇り、ウィンドウズのデスクトップ背景にでも出来そうな光景が広がっていました。
160723日光白根山_077
160723日光白根山_078
160723日光白根山_079

正面に湯の湖が見えてきました。ゴールはもう目の前です。
160723日光白根山_080

スキー場は、夏にオートキャンプ場として開放されています。
160723日光白根山_081

16時35分 日光湯元スキー場に下山
行きはロープウェイで楽をした分だけ、下山の方がずっと長い行程でした。
160723日光白根山_082

せっかく湯元まで来たのだから、下山後は当然温泉に浸かります。
160723日光白根山_083

日帰り入浴は700円でした。温泉観光地にしては比較的リーズナブルな価格設定です。

私がこれまでに経験したことのある温泉の中でも、最も強烈な硫黄臭のするお湯でした。硫黄泉好きにはたまりません。

17時50分発の日光行きバスに乗って、再び長い長い帰宅の途につきました。
160723日光白根山_084

今回の山行きは、山頂からの展望が若干残念な感じではありましたが、火山ならでは荒々しい山頂部や、火口湖の五色沼の絶景など、白根山の魅力の一旦を十分に楽しむことが出来ました。
都内からの公共交通機関利用でも何とか日帰りできましたが、時間的には全く余裕がありませんでした。登り始める時間が遅くなってしまうと、やはり雲が湧き易くなって来るため、展望と言う意味でもイマイチな結果です。
白根山を十二分に味わい尽くすには、日光湯元に前泊して早朝から登るのが良いように思います。晴れている日に、ぜひとも再訪したい山です。

<コースタイム>
丸沼高原ロープウェイ山頂駅(10:50)-大日如来像(11:30)-白根山(12:35~13:00)-五色沼避難小屋(13:40)-五色沼(13:50~14:00)-前白根(14:40)-日光湯元スキー場(16:35)

160723日光白根山_085

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました