赤城山 関東平野を見下ろす群馬県のシンボル

大沼から見た赤城山
群馬県中部に位置する赤城山(あかぎやま)に登りました。
榛名山、妙義山とともに上毛三山と呼ばれる火山郡の一峰です。冬の赤城山は八ヶ岳の横岳等と共に、雪山初心者向けの入門コースとして必ず名前のあがる、定番の一座です。
天気は快晴。雪も良く締まっており最高のコンデションの山行きとなるはずだったのですが。。。
世にも名高き赤城降ろしが吹き荒ぶ、極寒の雪山登山となりました。

2017年3月11日に旅す。

 


本日は国定忠治の「赤城の山も今宵限り」の節で非常に有名な上州の名峰、赤城山に登ります。
赤城山の国定忠治像
群馬県内の何処からでも目に付く、群馬の象徴とでも言うべき山です。

赤城山というのはこの付近一帯の大きな成層火山体に付けられた総称であり、赤城山と言う名前の山頂は存在しません。一般的には最高峰の黒檜山(くろびやま)(1,828m)の登頂を持って赤城山登頂とします。

火口跡のカルデラ湖である大沼(おの)湖畔まで通年で路線バスが運行されており、冬季であっても容易にアクセスできることから、雪山初心者向けの入門コースとして非常に有名です。
170311赤城山_010
本格的な雪上訓練を受けるつもりなど更々ない永世雪山初心者のオオツキとしては、非常に貴重な初心者でも登れる本格的雪山には是非とも遊びに行かねばならないと思った次第であります。

コース
170311_map
赤城広場前BSより黒檜山登山口から最高峰の黒檜山に登頂。その後、外輪の稜線沿いに歩きもう一つのカルデラ湖である小沼(この)まで足を伸ばしてから赤城山ビジターセンターへ下山。

赤城山外輪のおおよそ3分の1ほどを歩くルートです。バス利用の日帰り登山としては時間的にこれくらいが限度でしょう。

もし時間に余裕があるようであれば隣の地蔵岳辺りまでは行ってみようかと言う算段です。

 

1.赤城山登山 アプローチ編 電車とバスを乗り継ぎ、火口湖の大沼湖畔へ

6時25分 JR赤羽駅
少々遠いものの、赤城山は都内発の公共交通機関利用でも日帰り登山が可能です。まずは高崎線の鈍行列車で前橋駅へ向かいます。
170311赤城山_003
先週登った谷川岳で、行きも帰りも新幹線と言う贅沢をしてしまったので、本日は倹約モードです。

8時20分 前橋駅に到着。
赤羽より25駅を2時間かけて到着です。ここまでの運賃はおよそ2,000円でした。
170311赤城山_004

目指す赤城山はこの通り駅のホームから見えます。広大な裾野を引く、非常に大きな山であることが良く分かります。
170311赤城山_005
進行方向右側にあると思い込んでいた赤城山が、何故か左側にあるので一瞬混乱しました。後から地図を見て初めて知りましたが、両毛線は高崎から前橋に北上する過程で、進行方向が180度ターンします。

ようこそ前橋市へ
前橋市はソースカツ丼が名物だそうです。
170311赤城山_006
・・・何時も思うのですが、食われてしまう側の生き物が「ようこそ」とアピールしているこの手の広告は非常にシュールです。

前橋駅から8時45分発の赤城山ビジターセンター行きバスに乗ります。乗り場は北口の6番です。運賃は片道1,500円也。なお、ペンギンやロボットのカードは使えません。
170311赤城山_007

9時55分 赤城広場前バス停に到着しました。
バスを降りるなり赤城降ろしの洗礼を受けました。冷たい強風が吹きつけてきて、寒いを通り越して痛い
170311赤城山_008

 

2.凍結した大沼上を歩いて黒檜山登山口へ

大沼湖畔には土産物屋や食事所などの観光施設が立ち並んでいます。冬だからか朝早いからかなのかは判りませんが、殆どの店がシャッターを下ろしていました。
170311赤城山_009

一見、雪が積もった野原のように見えるかもしれませんが、正面に広がっているのは赤城山の火口湖である大沼です。完全に凍結しているらしく、湖上にはワカサギ釣りのテントが無数に並んでいました。
170311赤城山_010

せっかくなので湖面を歩いてみます。正面に見えているのが今から登る赤城山最高峰の黒檜山です。大沼が凍っているときにしか見ることのできない期間限定のアングルです。
170311赤城山_011

こちらは地蔵岳。かつてはこの山の山頂まで通じている赤城山ロープウェイが存在し、大沼の湖面まで滑走できるスキー場となっていました。今でも、索道があった跡の縦筋がなんとなく見えていますね。
170311赤城山_012

湖面にドリルで開けたワカサギ釣りの穴が至る所にチラホラとありました。
170311赤城山_013

湖面上から赤城神社に上陸します。赤城山そのものを御神体として祭っている神社です。
170311赤城山_014
170311赤城山_015

橋を渡って道路に戻ります。本来であればここから入るのが正しく、湖面から進入出来るのは冬季限定です。
170311赤城山_016

黒檜山登山口まで舗装道路沿いに進みます。15~20分くらいの道のりです。
170311赤城山_017

10時30分 登山口に到着しました。
身支度を整えつつアイゼンを装着して登山開始です。
170311赤城山_018

 

3.赤城山登山 登頂編 樹氷の森と大沼の絶景

結構雪が残ってますねえ。今日は軽アイゼンと3シーズン靴の組み合わせで来てしまいましたが失敗でした。割と急傾斜で前爪がないと登りにくい道です。
170311赤城山_019

急坂を登りきると岩の尾根に出ます。ここからは右側の展望が開けます。
170311赤城山_020

大沼と対岸にそびえ立つ地蔵岳の雄姿。湖上に見える黒い粒粒はすべてワカサギ釣りのテントです。
170311赤城山_021

所々に岩が雪から頭を出しているので、アイゼンの歯を引っかけないように注意しましょう。こういう場所ではチェーンスパクのほうが安心かもしれません。
170311赤城山_022

標高が上がってくるにつれて樹氷が姿を現しました。昨日少量の雪が降ったらしいので、その時に付着したのでしょう。見ている目の前でどんどん散っていたので、時間限定の光景に出会えたみたいです。
170311赤城山_023
170311赤城山_024
170311赤城山_025

富士山の展望スポットがありました。アンテナ山(地蔵岳)の左脇に見えるとのこと。
170311赤城山_026

ゴーグルを外してガン見しましたが、富士山の姿は確認できず。やはり3月にもなると空は霞掛ってしまい、遠望はあまり望めなくなりますね。
170311赤城山_027

雪庇沿いに進みます。崩壊が近づいているようなのであまり崖側には近寄らないほうが良いでしょう。
170311赤城山_028

稜線まで登ってきました。
170311赤城山_029

道標の埋もれ具合からして積雪は1メートルちょっとと言ったところでしょうか。
170311赤城山_030

稜線に出たら山頂は直ぐそこです。
170311赤城山_031

 

11時45分 黒檜山に登頂しました。

登山口から1時間15分で到着しました。とてもお手軽な山です。
170311赤城山_032

山頂の少し先に絶景ポイントがあると言うのでそちらに移動します。
170311赤城山_033

展望スポットより望む大沼の全景。完全に真っ白ですね。
170311赤城山_034

東側の展望
左端に見えている真っ白な山が浅間山(2,568m)。中央付近から右側に連なっている山脈が谷川連邦です。
170311赤城山_035

浅間山をズーム
今日も勢い良く噴煙を上げております。
170311赤城山_036
凄く登りたいんですけれど、大分前から噴火警戒レベルが上がったままで入山禁止が一向に解除されません。

谷川連邦の山々をズーム
ガスに覆われているようです。谷川岳は晴れている日の方が珍しい山なので、何時も通りの光景と言ったところか。
170311赤城山_037

北側の展望
中央に見えている大きな山が武尊山(ほたかやま)(2,158m)。右隣が至仏山(2,228m)かな。
170311赤城山_038

武尊山をズーム。こちらも大分ガスにやられています。
170311赤城山_039

北西側の展望
栃木県の日光エリアの山々が一望できます。
170311赤城山_040

北西側をズーム
170311赤城山_041
中央の台形をした山が皇海山(すかいさん)(2,144m)。左にあるのが日光白根山(2,578m)。右の頭が雲に隠れてしまっているのがたぶん男体山(2,486m)です。

こちらは西側の展望。
あまり標高の高い山が存在せず、雪も既に消えています。
170311赤城山_042

ここは風の通り道らしくまるで珊瑚のようなエビの尻尾が育っていました。そして物凄く寒い。手袋をしているのに指先がかじかんで来ました。
170311赤城山_043

比較的風の弱い山頂に戻って弁当を広げました。
170311赤城山_044

 

4.駒ケ岳を経由し鳥居峠へ

行動再開です。こちらは山頂直下にある御黒檜大神。半分以上雪に埋もれております。
170311赤城山_045

写真中央の真っ白な平面が、今から目指す小沼です。
170311赤城山_046

次なるピークの駒ケ岳に向かってまずは一旦大きく下ります。日当側の斜面は雪が大分緩んでおり滑って肝を冷やしました。
170311赤城山_047

斜面より望む外輪の稜線
左の一番高いピークが駒ヶ岳です。
170311赤城山_048

雪庇沿いの道を進みます。風が常に西から東に抜けてる様子がわかる育ち方をしています。天気予報でよく耳にする西高東低冬型の気圧配置ってやつですね。
170311赤城山_049

鞍部より振り返ってみる黒檜山
170311赤城山_050

そして正面の駒ケ岳
170311赤城山_051

駒ケ岳は白樺林の広がるおだやかな山容をした山でした。緩やかな道をのんびり登ります。
170311赤城山_052

12時55分 駒ヶ岳に登頂しました。
ここでこの日最大の強風に見舞われる。どうやらここは赤城降ろしの主要な通り道のようで。
170311赤城山_053

ここからは関東平野を一望できます。素晴らしい眺望ですが、風が強すぎてあまりのんびりと眺めて入られません。じっとしていると寒すぎる。
170311赤城山_054

寒すぎて指先の感覚がなくなってきたので次へ移ります。
170311赤城山_055

鳥居峠に向かって下っていきます。
170311赤城山_056

関東ふれあいの道の正規ルートはここから右へ逸れて大沼方向へ向かいます。今日はこのまま尾根沿いを直進して鳥居峠にいたるサブコースを歩いてみようかと思います。
170311赤城山_057

サブコースに入った途端に踏み抜き地獄が待っていました。
トレースもあることにはあるのですが、ここまでの道に比べるとかなり少なめです。
170311赤城山_058

日の当たる場所は所々で夏道が表に姿を現しつつありました。
170311赤城山_059

サブコースといっても道標はちゃんとあるので、別に迷うことは無いかと思います。
170311赤城山_060

雪原のように見えているのは、覚満淵(かくまんぶち)と呼ばれる湿原です。雪解けシーズンには、数多くの高山植物が咲き誇る場所です。
170311赤城山_061

13時40分 鳥居峠に到着しました。
駐車場がありました。ここまで車でこれると言うことですね。
170311赤城山_062

石碑が立っていました。
170311赤城山_063
ここはかつて存在したという赤城山ケーブルカーの山頂駅跡です。この立派な石碑は、ここが赤城山の玄関口だった時代の名残と言ったところでしょうか。

大半の人は赤城山登山はここで終了なのでしょうけれど、本日はまだ時間に余裕があるので延長戦へ突入です。ここから長七郎山へ向かいます。
170311赤城山_064

 

5.赤城山登山 延長戦 人影まばらな静かなる長七郎山と小沼

黒檜山の賑わいと打って変わって、全く人の気配がしません。まあ、時間が遅いからと言うのもあるあるかもしれませんが。
170311赤城山_065

小沼が見えました。目指す長七郎山は、この沼を取り囲むようにぐるっと半周したところにあります。
170311赤城山_066

山頂へ続く稜線の道。非常になだらかで歩きやすい道です。
170311赤城山_067

雪庇の崩落が始まっていました。危ないので崖側から離れた位置を歩きます。
170311赤城山_068

広々とした場所に出ました。どうやら山頂のようです。
170311赤城山_069

14時35分 長七郎山に登頂しました。
山頂標識が掲げられていたと思しき棒だけが立っていました。まったく人がおらず、完全な貸し切り様態です。
170311赤城山_070

代わりに雪の中に標識が突き立ててありました。奥に見えているのが地蔵岳です。
170311赤城山_071

黒檜山と今日歩いてきた稜線。
170311赤城山_072

こちらは赤城山最南端のピークである荒山(1,571m)。
170311赤城山_073
奥には見えているギザギザな山群は榛名山(1,449m)。更に奥にあるのが浅間山です。

長七郎山の山頂は何故か一切風のない無風状態だったのでここで一本立てました。しばし太陽に当たって体を温めます。

下山開始
スノーシュートレッキングに最適な感じのなだらかな山腹が広がっておりました。
170311赤城山_074
スノーシューなんて高価なものは持ってないけどね。

小沼まで降りてきました。
170311赤城山_075

大沼同様に完全凍結中だったので真ん中を渡ってみました。表面に雪が積もっているので特にスリップ防止策は必要ありません。
170311赤城山_076

小沼の中心より望む地蔵岳。冬限定の景色です。
170311赤城山_077

端のほうは氷がたいぶ薄くなっていますね。もう間もなく、上を歩いては渡れなくなるでしょう。
170311赤城山_078

渡りきったところで振り返ってみる小沼と長七郎山。
170311赤城山_079

おなじみの関東ふれあいの道の案内板がありました。
170311赤城山_080
この時点で時刻は15時25分。帰りのバスの時刻を考えると、コースタイム的には地蔵岳までいけないこともない時間ですが、結構ギリギリです。

熟考10秒
「寒いからやーめた」

アイゼンを外し舗装道路を通って下山します。
170311赤城山_081
この道は所々凍結していました。除雪済みとはいえノーマルタイヤで来るのはやめておいたほうが無難です。

15時55分 赤城山ビジターセンターに到着しました。
170311赤城山_082

バス発車時刻の16時40分までの間、暖房の効いたビジターセンター内でぬくぬくと過ごそうと思っていたのに、15時半で閉館でした。

閉館するの早すぎです。

あー寒い寒い寒い
バス停で震えて待つことおよそ30分。ようやくバスが来ました。
170311赤城山_083
3シーズン靴で来たのは大失敗でした。歩いている間はまだしも、立ち止まっていると深深と指先が冷えます。

18時に前橋駅に到着。
170311赤城山_084

ちょうどいい具合に18時15発の快速アーバンが居たのでそれに乗りました。行きと同様に2時間以上かけての長い長い帰途につきます。
170311赤城山_085
何か忘れていると思ったら、ソースカツ丼を食べるのを忘れていました。まあいいや。またいつでも(鈍行で)これるさ。

赤城山は雪山初心者向けの定番と言われるだけのことはあって大変歩きやすい山でした。
今日は歩き応えを求めて小沼まで巡るやや長めのルートを歩きましたが、駒ヶ岳までで行程を切り上げれば行動時間4時間程度の非常にお手軽なハイキングとすることが可能です。(大半の人はそうするらしく、鳥居峠から先では殆ど人に会いませんでした)
手軽とは言っても、赤城降ろしの寒さは尋常ではないので防寒対策だけはしっかりとしてから挑んでください。特にグローブは雪山向けの2重構造のものをオススメします。薄手のグローブで行ったら指先の感覚がなくなりましたので・・・

<コースタイム>
赤城広場前BS(9:55)-黒檜山登山口(10:30)-黒檜山(11:45~12:15)-駒ケ岳(12:55)-鳥居峠(13:40)-長七郎山(14:35~14:45)-赤城山ビジターセンター(15:55)

170311赤城山_086

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました