両神山 秩父北部に屹立する古の信仰の山

150504両神山_001
埼玉県の小鹿野町と秩父市に跨る両神山(りょうかみさん)に登りました。
古くから山岳信仰の山として知られ、いかにも修験者が好みそうな岩岩しい山容が特徴です。
これぞ修験の山と言った鎖場てんこ盛りのアスレチックなルートも存在しますが、今回は両神山初心者らしく(?)最も一般的かつ危険も少ないとされる、日向大谷ルートを歩いて来ました。

2015年5月4日に旅す。

 



その山は鉄道末端駅から遠く離れた地に存在する。

私のような、都内在住かつ公共交通機関のみを利用して登山をする者にとって、両神山は日帰り圏内ギリギリの場所にある山です。

最寄駅と言えるのは西武秩父駅かもしくは秩父鉄道の三峰口駅ですが、そこから日向大谷口までは小鹿野町営バスを乗り継き、おおよそ1時間半ほど掛かります。
150504_map

京王線沿線在住の私の場合、現地までのアクセスルートはこんな感じです。

電車:
自宅最寄駅-(京王線)-分倍河原-(JR南武線)-立川-(JR青梅線)-拝島-(JR八高線)-東飯能-(西武池袋線)-西武秩父

バス:
西武秩父から小鹿野町営バス薬師の湯行きに乗車し両神庁舎前で下車。
両神庁舎前から小鹿野町営バス日向大谷行きに乗車し終点の日向大谷口で下車。

全行程で4時間15分ほど掛かります。

遠い。

9時50分 日向大谷口(ひなたおおやぐち)
150504両神山_002
いきなり登山口にワープしましたが、それは単に、ここまでカメラがザックの雨蓋内に収まっていたからです。
自宅を出発してから、既に4時間半以上が経過しています。

バスが通っているだけでもありがたいような、山奥の谷を上り詰めた場所です。

帰りのバス時刻をチェック
18時37分のバスに乗っても、今日中に自宅までたどり着けません。リミットは17時20分のバスです。
150504両神山_003

登山口より日向大谷を見下ろす。
こんなところまでよくもまあ道を通したと、感心したくなる場所です。
150504両神山_004

簡単に身支度を整えて、10時ちょうどに登山開始である。
150504両神山_005

信仰の山らしく登山道に入ってすぐに鳥居が出現します。
150504両神山_006

お地蔵様・・・ではなくて観音様かな。
なにぶん宗教には疎くて、違いが良くわかりませぬ。
150504両神山_007

早速岩場が登場しました。この程度ならまだまだ楽勝です。
150504両神山_008

沢沿いの道がしばらく続きます。涼しくて気持ちがいい。
150504両神山_009

小川を渡ったり
150504両神山_010

新緑が綺麗です。
150504両神山_011

道端に咲く可憐な花。これはミヤマハコベかな。
150504両神山_012

これはたぶんタカネビランジ。お高くとまったいけ好かない花なのでしょうか。
150504両神山_013

これは何でしょう。特長がなさ過ぎて良くわからない。
150504両神山_014

ヤマエンゴサクかな。
150504両神山_015

これはヒイラギソウ。極めてレアな絶滅危惧種です。
150504両神山_016

ちなみに、私に花の知識は全くありません。
ここに記した名前はすべて、帰宅してからネットで調べたものです。

11時25分
弘法の井戸と呼ばれる水場に到着しました。
150504両神山_017
弘法さんが休憩中に杖で地面を突いたらあら不思議。水が湧き出てきたんだそうです。
福島の磐梯山でも同じような謂れの水場を見たような?

弘法さんは、日本の津々浦々で地面を突いて歩いたのでしょうか。

清滝小屋が見えてきました。
150504両神山_018

11時35分 清滝小屋に到着です。
150504両神山_019
以前は営業小屋だったそうですが、現在は廃業し避難小屋として開放されています。
学生の団体が泊っているらしく、非常に賑やかでした。

小屋の裏には名前の由来にもなった滝があります。
ルートから少し外れますが、せっかくなので見に行きます。
150504両神山_020


これが清滝である。

・・・って水が流れてないじゃないか!150504両神山_021
大変よく音が反響するので、ヨーデルの練習でもしてみてはいかがでしょうか。
焼肉バイキングで食べ放題ヨレイヒ~♪

気を取り直して登山再開です。
尾根筋に乗ってからは修験の山らしい険しい道になってきます。
150504両神山_022

痩せ尾根の道
遠くからなにやら鼓を打つような音が聞こえます。後で知ったのですが、この音はツツドリというカッコウの仲間の鳥の鳴き声らしい。
150504両神山_023

クサリ場の前では渋滞が発生していました。
150504両神山_024

クサリ場の様子
根っこを手がかりに出来るので、クサリ要らない場です。
150504両神山_025

ここもかつてはクサリ場だったのかもしれませんが、今では手すり付きの階段が完備されていました。
150504両神山_026
人気の百名山とあって、登山道は大変良く整備されています。むしろ整備され過ぎているというべきか。
修験の山らしい険路を求めてやってきた人には、少々拍子抜けするかもしれません。

12時30分 両神神社奥宮に到着
150504両神山_027

これは狛犬ならぬ狛狼です。
150504両神山_028

奥宮からしばらくは穏やかな道が続きます。
150504両神山_029

ようやく山頂部がお目見え。
150504両神山_030

この辺りにはアカヤシオツツジが沢山咲いていました。
150504両神山_031

山頂が近くづくにつれ、道は再び険しくなってきます。
150504両神山_032

クサリ場
ステップがしっかりしているので見た目ほど難しくはありません。
150504両神山_033

山頂直下最後の登り
150504両神山_034

13時 両神山登頂
鎖場の渋滞に巻き込まれて、思いのほか時間が掛かりました。
150504両神山_035

山頂の様子
岩だらけの狭い空間です。
150504両神山_036

残念ながら、山頂はガスとも雲と言えない靄のようなもに覆われていて、展望は全く望めません。
周囲には視界を遮るものが何もないので、晴れていればさぞや絶景だろうと思われます。
150504両神山_037

登山口のある日向大谷方向を見下ろす。
150504両神山_038

狭い山頂に続々と人が上ってくるのであんまりのんびりとはしていられません。
早々と撤収を開始します。
150504両神山_039

ほんの一瞬ガスが晴れて、両神山の岩岩しい稜線が見えました。
150504両神山_040

クサリ場は下りのほうが難しいのは山の常識です。
150504両神山_041

小雨がパラ付いてきました。こういうなんでもない斜面がズルズル滑ります。
150504両神山_042

15時10分のバスには間に合いそうに無い時間になってしまったので、帰りは少しだけ寄り道をして滝を見に行きました。
150504両神山_043
養老の滝です。落差40メートルと言うことなので奥多摩の百尋の滝とほぼ同じくらいですね。
水量があまり無いせいかイマイチ迫力がありませんでした。

特に急ぐ理由も無いので、チンタラと歩いて16時20分に日向大谷口に帰還しました。
バス停で一時間近くぼんやりと過ごし、17時20分のバスで長い長い帰宅の途につきました。
150504両神山_044

両神山は危険な山だと聞いていたのですが、日向大谷からのルートで関して言えばは、そんなに身構える必要はありませんでした。
日向大谷の反対側から登る八丁尾根のルートは、修験の山にふさわしい大変スリリングなルートらしいのですが、残念ながらバスは通っておらず、私のような車も買えない貧乏人環境意識高い系ハイカーにはアクセス困難な場所です。
まあ、タクシーを呼べばいいんでしょうけれど・・・

150504両神山_045
いつか八丁尾根に挑戦したいな~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました