大霧山 秩父高原牧場に広がる天空のポピー

秩父高原牧場のポピー畑
埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる大霧山(おおぎりやま)から秩父高原牧場まで歩いて来ました。
比企三山と呼ばれる山郡に属し、秩父地方の展望がよいことで知られた山です。大霧山から北に向かって伸びる尾根上には高原台地が広がり、放牧場として利用されています。
この秩父高原牧場にあるポピー畑には、公称1,500万本ものシャーレーポピーが栽培されており、開花シーズンになると多くの見物客で賑わいます。
高原の斜面を紅く染める、天空のポピー畑を満喫して来ました。

2018年5月27日に旅す。

 


今回の目的地は外秩父山地にある秩父高原牧場です。実際に放牧場として使用されている他に、乳製品手作り体験学習などが行える施設も併設され、観光地としての一面も持っています。
秩父高原牧場の案内板

この牧場の西側斜面ではシャーレーポピーの栽培が行われており、5月中旬から6月上旬頃にかけて満開を迎えます。
天空のポピー

シャーレーポピーとはヒナゲシの園芸種で、別名で虞美人草(グビジンソウ)とも呼ばれます。
シャーレーポピーの花弁
満開の時期に合わせて、毎年天空のポピー祭りが開催されます。ポピー祭りの開催期間中は、軽食を販売する出店などが出店し、シャトルバスの運行も行われます。

近年ではその人気が沸騰し、会場付近には大渋滞が発生します。天空のポピー会場付近の道路渋滞

そこで今回は隣接する大霧山へ登り、そこから尾根沿いに徒歩で移動して会場入りする計画を立てました。これぞハイカーの特権と言うわけです。

と言うことで、大霧山登山自体はもやはオマケの様な扱いで、天空のポピー畑へと繰り出します。コース
180527大霧山_map
経塚バス停から旧定峰峠を経て大霧山へ登頂。そこから尾根に沿って北上し天空のポピーへと向かいます。下山は二本木峠をへて内出バス停へと下ります。

標準コ-スタイム4時間ほどの、とてもお手軽な行程です。

1.大霧山登山 出発編 小川町から東秩父村を目指す

7時12分 東武東上線 池袋駅
おはようございます。本当は7時ちょうど発の小川町行き乗りたかったのですが、電車の時間を10分間違えると言う実にしょうも無いアクシデントにより、始まりからいきなり計画に狂いが生じました。
池袋駅に入線する小川町行きの急行

8時27分 1時間ちょっとの乗車時間で、終点の小川町駅に到着しました。
東武東上線 小川町駅
小川町に降り立ったのは自身初です。どうやらユネスコの文化遺産に登録されたと言う和紙が、小川町における観光資源の目玉であるようです。

駅構内に巣を構えた燕が、慌しく飛び回っていました。こんな電気機器の上に営巣しちゃって、ショートしたりしないのでしょうか。
小川町駅の燕

お目当ての天空のポピーのポスターが貼られていました。
小川町駅構内に張られた天空のポピーのポスター

当初の予定通りであれば、8時14分発の白石車庫行きバスに乗るはずでした。まあ乗れなかったものはしょうがありません。次のバスは9時12分発です。10分の遅れが1時間の遅れに・・・なんてこったい。
東部線 小川町駅のバスターミナル

と言うことで、ベンチすらないバス停で待つことおよそ40分後に、ようやく次のバスがやって来ました。
小川町駅バスターミナルに侵入するイーグルバス
ポピー祭り効果なのか、座席がすべて埋まって立客も出るほど盛況でした。

9時50分 経塚(きょうづか)バス停に到着しました。
駅からの運賃は640円です。スイカ、パスモには対応していません。小銭を用意しましょう。
経塚バス停

沢沿いを上り詰めた場所にある、典型的な山間の集落といった佇まいの場所です。
経塚バス停周辺の光景

バス停の脇に、満開のマーガレットが咲いていました。
道端に咲くマーガレットの花

2.大霧山登山 登頂編 里山の穏やかな道を登る

登山口はバス停のすぐ脇にあります。ところで、このCPと言うのは一体何のことでしょう。チェックポイント?
大霧山 経塚の登山口

登り始めはまず沢沿いの舗装道路を登ってゆきます。
経塚バス停付近の林道

道の脇にモミジイチゴが沢山実っていました。上品な甘さでとても美味しい。
紅葉苺の実

水の流れる音と言うのは、何故こんなにも聞くものの心を落ち着かせるのでしょうか。
180527大霧山_017

沢が近いおかげか、しっとりウエットな感じのする冷たい空気に満たされています。ようするにとても気持ちが良い。
180527大霧山_018

しばらく登ったところで、登山道に入ります。
180527大霧山_019

暑くも寒くも無い快適な気温です。ちょうど今くらいの梅雨入り直前の季節が、里山歩きには最も適している時期ではないでしょうか。もう少しすると、羽虫の襲撃に悩まされるようになりますからね。
180527大霧山_020

30分ほど登ったところで、林道に出ました。
180527大霧山_021

少しの舗装道路歩きで、再び登山道に突入します。
180527大霧山_022

道端に咲いていたニガナの花。なお、私が記している花の名前は、基本的にすべて後ろに(たぶん)が付きます。図鑑を見ているだけなので。
ニガナの花

ブンブンブン蜂が飛ぶ♪
苦菜(ニガナ)などと言ういかにも苦そうな名前の花なのに、蜜は甘いのでしょうか。
180527大霧山_024

どうも私は「木漏れ日に照らされた新緑」と言う画が好みらしく、気がつくと同じような写真ばかり何枚も撮ってしまいます。
180527大霧山_025

バス停から登ること45分ほどで、峠が見えてきました。
180527大霧山_026

10時45分 旧定峰峠に到着しました。
多くの人が休憩していました。一見ハイカー風で無い格好をした人もいます。目的地は同じか。
旧定峰峠
ちなみに、現在の定峰峠はここから少し南に離れた場所にあり、そちらはへは車で上がれます。

峠の様子
ここは秩父盆地と外秩父と呼ばれる一帯との境界に当たる場所です。それゆえに、古くから人の往来があったのでしょう。
旧定峰峠の様子

ダイダラボッチの伝説と言うのは、どれもスケール感が凄いですね。
旧定峰峠にあるダイダラボッチの伝説にまつわる案内板
私が聞いたことのあるエピソードの中でも最大なのは富士山にまつわるものです。ダイダラボッチが砂山遊びをして出来たのが富士山で、砂を掘った場所が甲府盆地であるという。

峠からは先は尾根沿いの道になります。まずは登りです。
旧定峰峠から大霧山へ向かう登山道風景

登りきると平坦になります。登山道脇は放牧地となっており、鉄条網に囲まれています。
旧定峰峠から大霧山へ向かう登山道風景

放牧地の向こうに比企三山の残り2座である笠山(左)と堂平山(右)の姿が見えました。
大霧山から見た笠山と堂平山
笠山は通称「おっぱい山」とも呼ばれており、比企郡に住まう男子中学生達の憧れの的になっているとかいないとか。確かにそう見えないことも無いかな。

しばらく平坦な道が続いた後、最後に山頂直下で大きく登ります。
旧定峰峠から大霧山へ向かう登山道風景
登山道には渋滞が発生していました。これはポピー効果なのか、それとも普段から人気のある山なのでしょうか。

山頂が見えました。
大霧山の山頂

11時15分 大霧山に登頂です。
昔は全く展望の無い山だったそうですが、今では西側斜面の木が刈り払われており、秩父盆地の方向の展望が開けます。
大霧山の山頂標識

山頂の様子
そこそこの広さがあります。大勢のハイカーが所狭しと休憩していました。
大霧山山頂の様子

こちらは簑山(みのやま)(587m)です。山頂付近が美の山公園として整備されており、人気のハイキングスポットとなっています。
大霧山から見た簑山

正面には両神山(1,723m)の姿が微かに見えます。この日は空気が霞んでしまっていて、遠望は全然駄目でした。
大霧山から見た両神山

南には言わずと知れた秩父のシンボル武甲山(1,304m)の姿も。
大霧山から見た武甲山

北側の展望。
空気が澄んでいる日であれば、遠く日光の山々や尾瀬の燧ケ岳なども見えるそうです。
180527大霧山_040

3.大霧山から天空のポピー祭り会場へ

いつまでも霞んだ風景を眺めていてもしょうがないので、ちゃっちゃと次へ行きましょう。
180527大霧山_041
山頂にポピー祭りの案内役と思われる人が立っており、「ポピー山はこっちです」と声かけをしていました。

・・・まあ、伝えんとすることは伝わるのだから、それで良いのかも知れません。それでも「ポピー山なんて名前の山はないぞぉー」と叫びたい衝動に駆られるのは、私の人としての器が小さいからなのでしょうか。

粥仁田峠に向かって尾根伝いに下っていきます。よく整備された歩きやすい道ではありますが、それでもスニーカーで歩くのは止めておいた方が良いです。
大霧山から粥仁田峠へ向かう登山道風景

この辺りはマルバウツギが見頃を迎えていました。
マルバウツギ

これは何でしょう。パッと見ではアジサイの仲間のようにも見えますが。
180527大霧山_044

目指すポピー祭り会場が見えました。なんと言うか、すごく赤いです。
大霧山から見た天空のポピー会場

高原牧場入り口バス停から登って来るルートと合流します。小川町からではなく秩父側からアプローチした場合は、ここから登ってくることになります。
180527大霧山_046

程なくして粥仁田峠(かゆにたとうげ)に到着です。ダイダラボッチが粥を煮た場所ですね。
粥仁田峠

峠から真っ直ぐに続いている山道もあり一瞬迷いますが、ポピー祭り会場へ向かうには、二本木峠登山口と書かれた方に進むのが正解です。大霧山を背にした状態から見て右側です。
粥仁田峠の様子

峠から舗装道路を下って行くと、橋場バス停から登ってくる道と合流します。
粥仁田峠付近の林道
大霧山には一切興味が無く、ポピー畑に直行したいと言う人は、橋場バス停から上がってくるのが最短です。ここで言う最短とは、シャトルバスを使わない前提での最短です。

行列が出来ていました。ポピー山の人気の程が窺える光景です。
天空のポピーへ向かう人の群れ

道脇に蛇苺が大量に実っていました。
畦に実った蛇苺
突然道端にしゃがみこんで蛇苺撮影を始めるおっさんを、先ほどの集団が怪訝そうな目で見つめていました。

蛇苺に毒は無いので、食べようと思えば食べられます。美味しくはありませんが。
蛇苺
一見酸っぱそうに見えますが、酸味はまったくありません。極めて薄い甘みだけがほんのわずかに感じられます。種のブツブツが何時までも口の中に残るので、不快な後味です。

視界の開けた場所に出ました。ポピー祭り会場は、ここから西側に500メートル程下った所にあります。
天空のポピー会場付近の道路渋滞

会場に向かう道は、惨い渋滞を起こしていました。渋滞などお構い無しに颯爽と脇を通り抜けて行けるのは、己の2本の足だけで進むハイカーの特権です。
天空のポピー会場付近の道路渋滞

会場が見えてきました。仮設駐車場には車が溢れています。ポピー山は大人気ですね。
天空のポピー会場の臨時駐車場

4.斜面一帯が赤く染まる天空のポピー

入場料300円を支払って、ポピー祭り会場へ入ります。
天空のポピー会場入口

視界一面に赤い絨毯が広がります。1,500万本も植わっているあって、圧倒的なスケール感です。
天空のポピー

赤い花が圧倒的に多いですが、ピンクや白のものも少なからず混ざっています。
天空のポピー

あまりにも赤々しすぎて、色飽和を起こしてしまっていますね。赤は飽和を起こしやすいと言いますが納得です。
天空のポピー

アップで見ると結構グロイ。少し引いて鑑賞したほうが、美しく感じられると思います。。
赤いシャーレーポピーの花

こちらはピンクの固体。真っ赤な花と違って、アップで見ても可憐なイメージは崩れません。
ピンクのシャーレーポピーの花

数は少ないですが、真っ白な固体もあります。
白いシャーレーポピーの花
花弁や茎を見るとなんとなくわかるかもしれませんが、シャーレーポピーはケシ科に属しています。つまりはアヘンの原料の仲間ですな。

この1,500万本の花は、咲き終わった後にはどうしているのでしょう。牛やヤギに喰わせても大丈夫なんですかね。

ポピー畑の向こうに、先ほどまで居た大霧山の姿が見えました。
天空のポピーと大霧山

大変美しい光景なのですが、それゆえに端のほうに圧倒的に美しく無いモノが写り込んでしまっているのが、返す返す残念でなりません。
天空のポピー会場に設置された仮設トイレ
天空のポピー祭り開催者の皆様におかれましては、仮設トイレの設置場所にはもう少しご配慮を願いたく。

会場内で最も高い場所から超広角で一枚。
天空のポピー

ぐるっと回って今度は下段を歩きます。先ほどまでの見下ろすアングルから、今度は見上げるアングルです。
天空のポピー

天空のポピーを写した写真で中でも一番良く見かけるのは、この丘を見上げたアングルです。
天空のポピー

赤すぎて目がチカチカする。これも色飽和してしまっていますね。
天空のポピー

下の方はピンクの花の割合が多めです。これはこれで綺麗ですが、やはりポピーと言うと赤のイメージのほうが強いですかね。
天空のポピー
天空のポピー

最後に会場を見下ろした一枚を。ぐるっと一周しただけなのに、結局1時間以上も滞在していました。
天空のポピー

5.彩の国ふれあい牧場でヤギと戯れる

心ゆくまで堪能しました。会場を後にし、尾根の上まで登り返します。
180527大霧山_072

ここから二本木峠までは、ずっと舗装道路が続きます。
180527大霧山_073

振り返ってみる大霧山。今回は完全にオマケ扱いでしたが、空気の澄んだ日に登ればきっと高い満足が得られる山だと思います。
ふれあい牧場付近から見た大霧山

思わず二度見しそうになる放牧的な道標を過ぎると、まもなくふれあい牧場が見えてきます。
牛の横断注意と書かれた道標

この彩の国というキャッチコピー、埼玉県内のあらゆる場所で目にしますが、よほど出来に自信があるのでしょうか。
ふれあい牧場の入り口

ふれあい牧場内にはヤギが放し飼いにされており、文字通り触れ合うことが可能です。まあ、ヤギと言うのは基本的に物凄く獣臭いので、とりあえず私は触れ合わずに眺めるだけにしました。
ふれあい牧場の様子

ヤギは黒目の形が非常に特徴的ですよね。
草を食むヤギ

小ヤギもいます。
ふれあい牧場の子ヤギ

まだらな模様をしています。ハイジのユキちゃんのイメージが強すぎるせいか、小ヤギといわれると真っ白なのを思い浮かべてしまいがちですが。
ふれあい牧場の子ヤギ

羊も居ましたが、柵の向こう側で触れ合えない場所です。いかにもヤル気なさそうに寝ていました。
ふれあい牧場の羊

6.大霧山登山 下山編 バスのご利用は計画的に

下山を開始します。このまま県道沿いに二本木峠まで行き、そこから内出バス停へ下ります。
180527大霧山_082

この舗装道路歩きがまた、結構長かったりします。所々でこのように展望の開けている場所があるので、歩いていて退屈はしません。

180527大霧山_083

14時40分 二本木峠に到着しました。
ここから尾根沿いを外れ、降下が始まります。
二本木峠

舗装道路を外れて登山道に入ります。思わずほっとする瞬間です。ソールが硬めの登山靴を履いていると、舗装道路の下りと言うのは足の裏に地味にダメージを与えるんですよ。
180527大霧山_085

傾斜の緩い歩きやすい道です。一瞬の出来事だったので写真は撮れませんでしたが、ここで不意に野生動物が目の前を横切りました。パッと見、狸っぽかったような。
180527大霧山_086

何度か林道と交差しながら下っていきます。まあこれも、里山らしい光景ですね。
180527大霧山_087

突然、畑の中に飛び出しました。大丈夫なんですかこの登山道。野菜ドロボーだと勘違いされたりしないですよね。
180527大霧山_088

サクサクと気持ちよく下って、あっという間に麓の集落が見えてきました。
180527大霧山_089

田植えを終えたばかりの田んぼ脇を通ります。周囲はカエルの大合唱でした。
180527大霧山_090

いかにも間に合わせっぽい橋を渡ればゴールです。
180527大霧山_091

15時30分 内出バス停に到着です。
時刻標を確認したところ、15時台のバスは25分。・・・5分前の出来事ですね。
内出バス停
そして次のバスは16時25分です。1時間後か。

こんなベンチすらないような場所で1時間も待ってられるかい。と言うことで、道の駅まで歩いてゆくことにしました。
180527大霧山_093
と言うのも、往路のバスには道の駅止まりの便が何本か存在したので、逆向きなら道の駅発というのもあるんじゃないかなーと期待した次第です。


おっおう・・・(困惑)
180527大霧山_094

結構遠くてダレて来ました。とりあえず道端の花など写してしばし気分転換です。これはタチアオイかな。
道端に咲くタチアオイ

これはオオキンケイギクですね。もとは外来種で、野生化したものが大繁殖して問題になっています。
道端に群生するオオキンケイギク

16時5分 道の駅和紙の里ひがしちちぶに到着です。
そしてせっかく頑張って歩いたのに、結局この時間帯に道の駅発のバスは存在しないのでした。バス代がいくらか浮いただけだあ。
道の駅和紙の里ひがしちちぶ

東秩父村のマスコットキャラクターである、わしのちゃんを見れただけで良かったのだということに、とりあえずはしておきましょう。
わしのちゃん

その後現れたポピー効果で超満員のバスに、何とかスペースを作ってもらって乗り込み、帰宅の途に付きました。
道の駅和紙の里ひがしちちぶに進入するイーグルバス

天空のポピー訪問期は、なにやら必要以上に長距離を歩きまくって幕を下ろしました。車で直接行くことの出来る場所ではありますが、近年ではその人気がジワジワと高まりつつあり、惨い道路渋滞に巻き込まれる可能性が大きいです。普段から山歩きをする人であれば、徒歩で向かうのは良い選択肢なのではないかと思います。ついでにヤギとも触れ合えて一石二鳥です。
今回はすっかりオマケ扱いの大霧山ですが、比較的簡単に登れてしかも展望良好と、良い事尽くめの山です。登山初心者向けの山としてもオススメできます。ガッツリ歩きたい人は比企三山縦走などを計画してみるのも面白いかもしれません。

<コースタイム>
経塚BS(9:55)-旧定峰峠(10:40)-大霧山(11:15~11:25)-粥仁田峠(11:50)-天空のポピー(12:10~13:20)-ふれあい牧場(13:45~14:10)-二本木峠(14:40)-内出BS(15:30)

180527大霧山_100

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました