小金沢連嶺 大菩薩嶺の南に伸びる雄大な稜線を歩く

150726_001
石丸峠から米背負峠に至る小金沢連嶺(こがねざわれんれい)の稜線を歩きました。
小金沢連嶺は大菩薩嶺から南に向かって伸びる長大な稜線で、この尾根道の最大の特徴は「富士山に向かって歩く」ことです。
まさに嫌になるほどの富士展望を満喫した山旅でした。

2015年7月26日に旅す。

大菩薩峠から石丸峠にまで足を運んだことのある人なら、その先に南に向かって伸びる長大な稜線を目にしたことがあるのではないでしょうか。
150726_001_1

それこそが今回の目的地、小金沢連嶺です。

甲州市では、この稜線に甲州アルプスと言う通称を定着させようと盛んに宣伝しています。
言うなれば、ここは現在絶賛売出し中の山という訳です。

小金沢連嶺は、大菩薩嶺より笹子川北岸の滝子山まで、全長30km近くに及ぶ長大な尾根です。
150726_map2

このルート上には、大月市が制定した秀麗富嶽十二景の山が5座も連なっています。
具体的には、小金沢山(2,014m)、牛奥ノ雁ヶ腹摺山(1,995m)、大蔵高丸(1,781m)、ハマイバ丸(1,752m)および滝子山(1,615m)です。

それはどういう事なのかというと、この稜線を歩いている間、進行方向にずっと富士山が見えていると言うことです。
富士山マニアには、垂涎モノのコースと言えるでしょう。

この尾根を一日ですべて踏破するのは、トレランでも無い限りちょっと厳しいです。
今回は最後の滝子山を割愛し、石丸峠から米背負峠に至る部分を歩きたいと思います。
150726_map1

それでは、富士山に向かって歩く魅惑の稜線歩きへ繰り出しましょう。

8時10分 JR中央本線 甲斐大和駅
ここから上日川峠行きのバスに乗ります。
150726_001_2

終点まで行かない人は前のほうに乗ってください、と言うことだったので最前列の席に陣取りました。
150726_002
人気の百名山である大菩薩嶺へのアクセスルートとあって、バスは満員でした。
人数に応じて臨時便を出してくれるので、よほどのことが無い限りは乗り損なうことは無いはずです。

9時2分 小屋平(こやだいら)バス停に到着
終点(上日川峠)の一つ手前のバス停です。ここまでの運賃は950円也。
150726_003

登山開始である。初っ端から笹薮の急登です。
150726_004

単独登山はやめましょう。
150726_005
お気遣いありがとうございます、今は亡き塩山市さん。
※塩山市は平成の大合併により消滅し、現在は甲州市の一部です。

林道に出ました。
150726_006
法面が大分やられておりますな。

山梨県の県営林道日川(にっかわ)線です。
150726_007

早速富士山が顔を見せました。今日はこの後ずっとこいつと顔を付き合わせ続けることになります。
150726_008

再び登山道へ。
ここから先は傾斜も緩み、とても歩きやすい道です。
150726_009

木の隙間から望む富士。
150726_010
このころは未だ見飽きていなかったので、見かけるたびにいちいち写真に収めておりました。

石丸峠が見えてまいりました。
150726_011

9時55分 石丸峠に到着
150726_012
何故か脳内で今は亡き石丸電気のテーマが再生されました。
石丸~(まるまる)
石丸~(まるまる)

これから歩く小金沢連嶺の稜線です。正面に見えているのが最初のピーク小金沢山。
150726_001

西側に目を向けると眼下の大菩薩湖と、奥には南アルプスの山々が一望できます。
150726_013

南アルプスをズーム
150726_013_1

こちらは東側の展望。正面に見えているのは雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)。旧500円札に描かれた富士山の撮影地として有名な山です。
150726_014

草原の道を進みます。
150726_015
日差しを遮るものが何も無いので非常に暑いです。

小金沢山の山頂付近は樹林帯に覆われていました。
150726_016

しっとり湿っていて、コケの一族が大いに繁栄しています。
150726_016_1

体感温度がガクッと下がり、涼しくて良い気持ちです。
150726_017

11時 小金沢山(こがねざわやま)登頂
150726_018
大月市の最高地点にして、秀麗富嶽十二景のなかで唯一の標高2,000メートル越えの山です。

山頂の様子
南側だけ視界が開けています。
150726_019

秀麗富嶽No2の光景がこちら。
150726_020
まあ、なんと言うか普通ですね。

先は長いので次へ行きます。隣の牛奥ノ雁ヶ腹摺山まではおよそ30分の道のりです。
150726_021
150726_021_1

11時30分 牛奥ノ雁ヶ腹摺山に到着
「うしおくのがんがはらすりやま」と読みます。日本で一番長い名前の山です。
150726_022

ここで再び秀麗富嶽のお時間です。
150726_023
小金沢山より視界が開けていて良い感じです。

お次のピーク黒岳に向かいます。
150726_024

これが黒岳です。
樹林帯に覆われていて、確かに黒々として見えます。
150726_025

黒岳に向かって一旦大きく下ります。
150726_026

道の脇に咲く余り可憐ではないお花。
150726_027
真夏の炎天下でも萎れずに咲いているだけのことあって、巨大で厳つい花が多いですね。

川胡桃沢ノ頭(かわくるみさわのかしら)を通過。
150726_028

一応、富士山が見えますが、それ以外は特に何も無い小ピークです。
150726_028_1

12時半 黒岳に登頂
150726_029

山頂の様子
樹林帯に覆われており、展望は全くありません。
150726_030
ここで日陰に入って弁当を広げました。

黒岳から湯ノ沢峠に向かって下ります。その途中にあったのがこの白谷ノ丸(しろやがまる)。全くのノーマークだったのですが、ここからの展望が素晴らしかった。
150726_031

眼前に広がる大草原。
150726_032

樹林帯の中からいきなりこんな景色に飛び出したので驚きました。
150726_033

富士山の展望もバッチリです。
150726_034
・・・雲に隠れていなければ。

下から見上げる白谷ノ丸。
150726_035
時間が許せば昼寝をしたくなるような光景です。今日はまだまだ先が長いので後ろ髪を引かれつつこの場を後にしたのでした。

後ろなんて無いけどな!

13時15分 湯ノ沢峠に到着
発砲注意とか、さりげなく恐ろしげなことが書いてありますな。
150726_036

湯ノ沢峠から少し下ったところに水場があります。炎天下の中を延々と歩いて来て、3Lあった水が底を付きかけていました。ここで2Lほど補充します。
150726_037
ここから大和天目温泉へ下山することも出来るのですが、今日はもう一踏ん張りして米背負峠まで行きます。

大蔵高丸に向かって登り返します。鹿除けのゲートがありました。
150726_038

湯ノ沢峠から大蔵高丸に至る斜面は小金沢山自然保存地区に指定されており、貴重な高山植物の咲き誇るお花畑が広がります。
150726_039

花のシーズンでは無いので、一面の草原が広がっていました。
150726_040

14時5分 大蔵高丸(おくらたかまる)に登頂
平坦で、あまり山頂っぽく無い場所です。
150726_041

秀麗富嶽No3の富士
150726_041_1
先っぽしか見えなくなってしまいました。

振り返って望む白谷ノ丸
150726_042
斜面の一部だけが草原状になっているのが良くわかります。

14時25分 ハマイバ丸に登頂
大蔵高丸からは殆どアップダウンも無くたどり着きました。
150726_043

漢字で書くと物々しい名前ですね。
150726_044

秀麗富嶽No3の富士その2
150726_045
手前に三ツ峠山が無ければ、富士山を写しているのだとはわからない状態になってしまいました。

下山を開始します。
これは下山路の途中にあった天下岩。
150726_046

どう見てもただの岩です。どの辺が天下なのでしょう?
150726_046_1

15時 米背負峠に到着
150726_047

小金沢連嶺の尾根筋はこの先の大谷ヶ丸、滝子山をへて笹子川の北岸へ切れ落ちて終了します。
本日はもうそこまで行く時間も体力も残ってはいないので、ここで下山を開始します。
150726_048

米背負峠から大和天目温泉への下山路は、やや荒れ気味な沢沿いの道でした。
どうもこの時点で既に私の頭の中は温泉ことでいっぱいになっていたらしく、下山路の写真が一枚も残っておりませんでした。

30分ちょっとで登山道は終わり、そこからは延々と舗装道路を下りました。

下山中に唯一撮った写真がこれ。大蔵隧道です。
150726_049
中で曲がっているので出口の明かりが一切見えません。ライト必須です。

この後、大和天目温泉に寄り、17時10分の甲州市コミュニィバスに乗って帰還しました。

小金沢連嶺の稜線は、最初に石丸峠に上ってさえしまえば、後は高低差の少ない穏やかな稜線歩きを堪能できます。
展望も素晴らしく、何より重要なのは下山後に温泉が待っているということです。大菩薩嶺界隈に比べて余り歩く人の居ない一帯ですが、非常にオススメなコースです。
標高がそこそこ高い一帯なので、真夏の暑い盛りであったも、比較的涼しい点もポイント高しです。
今回私は米背負峠まで行く若干長めのルートを選択しましたが、湯ノ沢峠までで縦走を切り上げれば比較的コンパクトな計画にまとめることも可能です。

<コースタイム>
小屋平BS(9:00)-石丸峠(9:55)-小金沢山(11:00)-牛奥ノ雁ヶ腹摺山(11:30)-川胡桃沢ノ頭(12:00)-黒岳(12:30)-白谷ノ丸(12:50)-湯ノ沢峠(13:15)-大蔵高丸(14:05)-ハマイバ丸(14:25)-米背負峠(15:00)-大和天目温泉(16:30)

150726_050

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました