宝登山 春の先触れ蝋梅(ロウバイ)が花咲く秩父の里山

宝登山のロウバイ園
埼玉県長瀞町にある宝登山(ほどさん)に登りました。
秩父地方にある標高500メートルにも満たない里山です。山頂にあるロウバイ園では、毎年1月中旬から2月中旬にかけて、長瀞ロウバイ祭りが開催され、数多くの訪問者で賑わいます。
一足速くに、春の気配を感じる山歩きをして来ました。

2018年2月10日に旅す。

 


今回の行き先は秩父の宝登山です。
早春に咲く花ロウバイの名所として知られている山です。山頂はロウバイ園の他に梅園も存在し、比較的長期間にわたって春の花を楽しむ事が出来ます。
宝登山のロウバイ
ロウバイは漢字で書くと蝋梅です。名前に梅の文字が入っていますが、ウメ科ではなくバラ科に属しています。

黄色く透き通った花弁が、まるで蝋細工のように見えることが名前の由来といわれています。
ほんのりと甘い香りのする花ですが、種子は有毒です。決して食べてはいけません。

花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)が漢方薬として使用されれることもありますが、鑑賞用途が主たる目的で栽培されることが多い花です。

麓から小一時間もあれば登れてしまう山ですが、さらにはロープウェイまで整備されています。
ロウバイ鑑賞だけが目当てであれば、全く山登りをする必要はありません。
宝登山のロープウェイ
宝登山単体では少々物足りない感じがしたので、最寄駅から一つ隣の野上(のがみ)駅から歩くハイキングコースを歩いて来ました。

コース
180210宝登山_map
野上駅より長瀞(ながとろ)アルプスと呼ばれるハイキングコースを歩いて宝登山に登頂。
山頂のロウバイ園を散策ののち、長瀞駅へと下山する。

全行程でコースタイム僅か3時間40分ほどの、ゆるハイキングコースです。

 

1.宝登山登山 出発編 秩父への遠き道のり

野上駅へ行くのは自身初めてのことです。いつものようにヤフー路線検索で経路をチェックします。
180210宝登山_004
ふむふむ。東武東上線を使うのが一番安くて早いようですな。
それにしても6回も乗り換えろとは、なんとも面倒な。。

しかしながら、公共交通機関の利用が前提となる車も買えない貧乏人環境意識高い系ハイカーとしては、例えそれがどんなに面倒な経路であろうと、ヤフーが示した通りの道を辿る以外に選択の余地など無いのです。

6時25分 東武東上線 池袋駅
かくしてヤフー様が仰られたとおりの道を歩むべく、池袋駅へとやって来ました。
池袋駅 東武東上線のホーム
ガラガラの車両で悠々と座席を確保し、出発を待っていたところで駅構内のアナウンスが聞こえてきました。
「東武東上線は6時15分に発生した人身事故の影響により、現在運転を見合わせております」

ふーん、こんな朝っぱらから事故とは大変だね。

・・・
・・・・・・・
うん?東上線?

ええい!東武が駄目なら西武だ。
と言うことで、急遽その場で経路変更です。
池袋駅 レッドアロー号のホーム
なおヤフーの奴は、高崎まで新幹線を使えとか言う意味のわからない経路を案内してきやがったので、もう頼るのはやめにしました。

700円ほど予定外の出費が発生しましたが致し方ありません。
と言うか、途中で6回も乗り換える手間を考えれば、始めからこっちにすべきだった気がします。
レッドアロー号の切符

快適な特急列車のシートでウトウトしているうちに、いつの間にか終点の西武秩父駅に到着していました。
西武秩父駅

圧倒的な存在感でもって秩父の市街地を見下ろす武甲山。まさに秩父のシンボルと呼ぶにふさわしい貫禄です。雪で白く染まった姿もまた実に格好良い。
西武秩父駅前から見た武甲山

ここから秩父鉄道に乗り換えです。
西武秩父駅とは直接連絡していないので、最寄駅まで少々歩く必要があります。
秩父鉄道 お花畑駅
なお、秩父鉄道には秩父駅と言う駅がありますが、西武線と接続しているのはそこではありません。
乗換駅はお花畑駅という名前なのでお間違いなく。

秩父鉄道は埼玉県内の鉄道事業者では唯一、パスモに加入していません。
よって切符を購入する必要があります。野上までの運賃は500円です。
秩父鉄道 お花畑駅の改札口

やたらとド派手なラッピング車両が走っていました。
秩父鉄道のラッピング車両

9時10分 野上駅に到着です。
自宅を出発してから、実に3時間以上が経過しております。いやはや秩父は遠いですな。
野上駅

駅前で「ツアーの参加者の方ですか?」と話しかけられる。
これから歩こうとしているルートは、ツアー登山が行われるくらいには盛況なコースのようですね。
野上駅前

2.宝登山登山 登頂編 長瀞のご当地アルプスを歩く

軽く腹ごしらえしつつ身支度を整え、9時25分に行動開始です。
駅から真っ直ぐ道なりに進みます。
180210宝登山_015

これから歩くコースは、なんでも長瀞アルプスなる愛称で呼ばれているのだとか。
最近、日本全国にやたらと増殖しているご当地アルプスのひとつです。
長瀞アルプスの案内板

これが長瀞アルプスの稜線です。
何処にもアルプス的要素が感じられませんが、それは・・・
長瀞アルプスの稜線

※アルプスとはalp(岩山)の複数形です。

萬福寺の脇を左折します。
ルート上には道標が整備されているで、迷うことは無いでしょう。
萬福寺

駅から10分ほど歩いたところで、登山口に到着しました。
長瀞アルプス 登山口

宝登山までは2時間ほどの、とっても手軽なハイキングコースです。
それにしても、先ほどからアルプスアピールが凄いな。
長瀞アルプス 登山口

スタート地点でいきなりアイスバーンの洗礼を受けました。
登りはアイゼンなしでいけましたが、下りでは相当危険な状態です。
凍結した登山道
実は標高の低い山のほうが、こういう危険な状態になりやすかったりするのです。
昼間に融けた雪が夜になって再凍結を繰り返すことによって、このようなツルツルな氷の板状の地面が出来上がります。

登り始めから、遠目に見えていた通りの穏やかな傾斜の道です。
長瀞アルプスの登山道

日陰の場所は足元カチンコチンです。
とりあえず登る分にはノーアイゼンで問題なし。
長瀞アルプスの登山道

日の当たる場所には、雪は綺麗サッパリ無くなっています。
この時間帯はまだ土が凍ったままですが、気温が上がれば緩んで泥濘になりそうな予感がします。
長瀞アルプスの登山道

尾根に乗って以降も、ずっと緩やかな道が続きます。
樹林に覆われているため、残念ながら展望は全くありません。
長瀞アルプスの登山道

一部で日陰側の斜面をトラバースする場所があります。
行き先が何処であれ、この季節は軽アイゼンを常にザックに忍ばせておいたほうが無難でしょう。
長瀞アルプスの登山道

割と平坦だったので、私はノーアイゼンのまま歩き続けました。今のところベタ足歩きで問題無しです。アイゼンを持ってきてはいるんですけれど、頻繁に着脱するのが面倒なのでね。
長瀞アルプスの登山道

ここで天狗山と言う小ピークを経由するルートと合流します。
宝登山を目指すなら直進です。
長瀞アルプスの登山道

正面に大柄な山が見えてきました。これが目指す宝登山のようです。
均整の取れた、なかなか良いカタチをした山ですな。
宝登山

道のほうは、相変わらず緩やかなアップダウンを繰り返しながら続いています。
この長瀞アルプスコースは、前半はずっと楽で、最後になって一気に高度を上げに行きます。
長瀞アルプスの登山道

ここで恐れていた事態が勃発です。
気温の上昇と共に、足元が泥まみれになってきました。スパッツを持って来るべきだったか。
180210宝登山_031

少しだけ展望が得られそうな場所があったので、背伸びして撮影してみました。
なにぶん馴染みの無い山域なので、写っている山の名前は一切わかりませぬ。
180210宝登山_032

正面の宝登山が、だいぶ大きく見えるようになって来ました。
宝登山

10時30分 小鳥峠を通過。
ここらは登りです。
小鳥峠の様子

相変わらずのアルペン的要素が皆無な山道を進みます。
長瀞アルプスの登山道

ここで一旦林道に出ました。
山頂直下までしばしの舗装道路歩きです。
180210宝登山_036

この林道がまた、完全に凍結していて足元ツルツルです。
周囲を見渡すと、小股でたどたどしく歩く人がの姿が多く見られました。
180210宝登山_037

今まさに花粉を放出せんとしている杉。
180210宝登山_038
2018年の花粉飛散量予測は、相当ヤヴァイ規模であるようですね。
こんな物騒なものは、すべて伐採して爪楊枝にでもしてしまえば良いのですよ。

林道から再び登山道に復帰します。
この傾斜と積雪量では流石にアイゼン無しは危険なので、ここで装着しました。
宝登山の登山口

山でキノコ取りをした事はありません。
この看板にある通り、極めてリスキーな行為だと思うんです。
宝登山 毒キノコに注意の看板

なかなかの急坂です。
ここまでが平坦だった分、山頂直下にきて一気に高度を稼ぎ始めます。
宝登山 山頂直下の階段

目が眩むような階段地獄です。
とは言っても、標高500メートルにも満たない低山であるので、急登はそんなに長くは続きません。
宝登山 山頂直下の階段

そんな訳で、割とあっさり山頂が見えてきました。
宝登山 山頂手前の光景

11時5分 宝登山に登頂
実にあっけなく山頂に到着です。山歩きしている時間よりも、電車に乗っていた時間のほうが遥かに長いという。
宝登山の山頂標識

山頂の様子
多くの人で賑わっています。ロープウェイで上がってこれる場所であるが故に、登山の格好をしていない人の姿も多く見られました。
宝登山 山頂の様子

南側は展望が大きく開けています。
秩父の市街地を挟んだ向かいには、武甲山(1,301m)の姿が大きく見えました。
宝登山から見た武甲山
空気が霞んでいて、遠望に関してははちょっと残念な感じです。

西に目を向けると、その岩々しい特徴的なシルエットにより一目でそれとでわかる、両神山(1,723m)の姿が見えました。
宝登山から見た両神山
こうしてみると、両神山と言うのは実にアルプス的な見た目をした山ですね。
ご当地アルプスブームに乗っかって、小鹿野アルプスとでも名乗ってみてはどうであろうか。

山頂直下には宝登山神社の本宮が立っています。
防火守護という一風変わったご利益のある神社です。伝説によれば、宝登山はもともと火止山と呼ばれていたのだとか。
宝登山神社の本宮

秩父地方の山では、割と良く見かける狼の狛犬が祭られています。
宝登山神社の狛犬

造詣がリアルで、恐ろしげな顔をしておりますな。
子供が見たら泣き出すんじゃないだろうか。
宝登山神社の狛犬

 

3.宝登山山頂のロウバイ園を散策する

お目当てのロウバイ園は、山頂直下の南側斜面に広がっています。
辺りには、ほんのりとした上品な甘い香りが立ち込めています。
宝登山のロウバイ

ロウバイ園内はいくつかの区画に区切られており、それぞれ開花時期の異なる品種が植えられています。見頃の時期を少しでも長く継続させるための工夫なのでしょう。
宝登山の西ロウバイ園
この日は、山頂直下にある西ロウバイ園がちょうど見頃を迎えるところでした。

まるで蝋細工といわれるように、薄っすらと透き通った花弁が特徴的です。
ロウバイのアップ

梅や桜のような派手さこそありませんが、それでもこの一面の黄色は目を奪われるような光景です。
宝登山のロウバイ
宝登山のロウバイ
宝登山のロウバイ

東ロウバイ園の方は、まだまだこれから咲くところらしく、冬枯れの殺風景のままでした。
宝登山の東ロウバイ園

ロウバイと武甲山
秩父の春の訪れを告げる光景です。
宝登山から見た武甲山

こちらがロープウェイの山頂駅です。
山頂のすぐ下まで上がってこれるので、山登りは一切せずともロウバイ園を散策することは可能です。
宝登山 ロープウェイ山頂駅

山バッチがあったので購入。
初めて登る山でバッジを見かけたときは、とりあえず購入することにしています。
宝登山の山バッジ

山頂には、ロウバイ園のほかに梅園もあります。
開花を迎えるのは、2月下旬から3月上旬頃のことです。
宝登山の梅園

こちらは福寿草(ふくじゅそう)です。
ロウバイと同様に、春の訪れを告げる花として知られています。ちなみにこれも毒草です。
宝登山の福寿草
宝登山の福寿草

こちらはマンサクです。
早春に咲く花であることから、東北弁で「まんずさく(先ず咲く)」と呼ばれたことが名前の由来と言われています。
宝登山のマンサク
ちらし寿司にのってる錦糸卵みたいな見た目の花弁ですね。

ここが宝登山の正面玄関といった所でしょうか。
今日歩いてきた野上駅からのコースは、どちらかと言うと裏口のような扱いです。
180210宝登山_065

レストハウスなどもあって、完全に観光地の装いです。
宝登山のレストハウス

4.宝登山登山 下山編 山頂から長瀞駅へ

12時 下山を開始します。
眼下には、ここまで歩いてきた長瀞アルプスの全貌が見渡せました。
180210宝登山_067

何故か山の上に動物園があると言う。
高尾山のサル園と言い、山の上に作るのに何か理由があるのでしょうか。
宝登山の動物園

ここだけ見ると完全に雪山の装いです。
180210宝登山_069

宝登山神社の本宮前に軽自動車が停まっていたのを見た時から、なんとなく察しはついていましたが、この道は車道です。
歩いていても全く楽しくは無いので、下山は素直にロープウェイを使ったほうがよいでしょう。
180210宝登山_070

日陰の場所は凍結していましたが、滑り止めにウッドチップがまかれており、アイゼン無しでも通行は可能でした。
180210宝登山_071

快調に下って、あっという間に麓まで戻ってきました。
180210宝登山_072
180210宝登山_073

大量に並んだ観光バス。
ここ宝登山神社は、ミシェランガイドで一つ星を獲得したという、全国的にも名の知れた観光地です。
180210宝登山_074

せっかくなので、宝登山神社の麓宮にも寄って行きます。
宝登山神社

参拝待ちの行列が出来ていました。
宝登山神社
どうも私はスピリチュアルな方面への感受性が鈍いらしく、正直なところ神社仏閣の類にあまり興味はありません。

おみくじすら引いたことがないような男なのでね。

麓宮の狛犬は、狼ではない普通の狛犬でした。
宝登山神社の狛犬

小腹が空いてきたので、宝登山神社の売店でおやつタイムにします。
宝登山神社の売店

秩父のご当地グルメだという味噌ポテトを頂きました。お値段は200円です。
まるでジャガイモに味噌タレをかけた様な味がして、とても美味しかったです。
味噌ポテト

駅まで歩いて戻ります。
なお、ロウバイ祭りの開催期間中は、無料の送迎バスも出ています。
180210宝登山_080

まあ、わざわざバスが来るのを待つほどの距離ではありません。
割とあっけなく駅が見えてきました。
宝登山神社参道の大鳥居

長瀞は、宝登山の氷池で作られた天然氷を使用したカキ氷が有名です。
沿道の至る所に氷屋が軒を連ねていました。残念ながら、この季節にカキ氷は食指が延びませんな。
長瀞の氷屋

長瀞駅まで戻って来ました。
駅からスタートし駅へと戻ってくる、実にお手軽なハイキングでした。
長瀞駅

石灰岩を満載した貨物列車が目の前を通過していきます。
武甲山で採掘したものなのでしょう。
長瀞駅を通過する貨物列車

往路と同じ経路を辿って、長い長い帰宅の途につきました。
長瀞駅のホーム

早春に咲く花が満載の宝登山登山は、こんな感じで終了です。
まだまだ寒い日が続いてはいますが、春が確実に近づきつつあることを感じさせてくれた山行きでした。
都内からだと少々遠い場所にある山ではありますが、誰でも気軽に登ることの出来る里山として、とてもオススメです。
ロウバイの次には梅の開花が控えており、さらにその先にはツツジの開花を控えています。宝登山の花の季節はまだまだこれからが本番です。
春の息吹を感じに、はるばる秩父まで繰り出してみては如何でしょうか。

<コースタイム>
野上駅(9:25)-萬福寺(9:35)-小鳥峠(10:30)-宝登山(11:05~12:00)-宝登山神社(12:45)-長瀞駅(13:10)

宝登山 山頂での記念撮影

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました