蛭ヶ岳 丹沢山塊の中央に佇む神奈川県最高峰

丹沢 蛭ヶ岳
丹沢の主峰、蛭ヶ岳(ひるがたけ)に登りました。
丹沢山塊の最高峰にして神奈川県の最高地点でもあります。(標高は1,672メートル)
単純な標高だけで見れば低山の範疇に含まれかねませんが、丹沢山地のほぼ中心に位置するこの山、そう簡単には登らせてはくれない奥深い山であります。神奈川県の天井を目指す日帰りの旅をしてきました。

2015年10月19日に旅す。

1泊2日のコース

登山ブームといわれる今日、町の本屋さんへ行くと、そこには数多の登山ガイドブックが溢れ返っています。

その中のどの本を開いて見ても、蛭ヶ岳を紹介するページには、必ずといって良いほどこう書かれていることでしょう。「1泊2日のコース」「日帰りも可能だが健脚者向け」と。

健脚者向けとな。これはつまり蛭ヶ岳を日帰りで制した者は、以降健脚者を名乗る資格を得ると言えるのではないでしょうか。

目標は決まりました。健脚者への道のスタートです。

さて、そもそも神奈川県にある2,000メートルにも満たない山が日帰り困難だというのは、一体どういうことなのでしょうか。地図を見てみると、この山がなかなかどうして厄介な場所にあるのが良く分かります。
151019_map0
全長40kmに及ぶ広大な丹沢山塊のほぼど真ん中に位置しており、麓からこの山に直接取り付けるルートと言うものは存在しません。

そして何処から取り付くにしても遠い。

東丹沢の最も一般的な玄関口といえば大倉ですが、大倉から蛭ヶ岳山頂を往復した場合、総歩行距離は25kmをオーバーしてしまいます。

世の中にはこのルートを日帰りで往復する物好き剛の者も居るようですが、トレランならいざ知らず、徒歩で一日25kmオーバーはちょっと尻込みする距離です。
151019_map1

そこで目をつけたのが、丹沢の裏側とでも言うべき道志村からアプローチするルート。

道志村の平丸BSから蛭ヶ岳山頂までのコースタイムはおよそ5時間で、蛭ヶ岳へのアプローチとしては最短です。ここから大倉に向かって丹沢山塊を縦断するルートを計画しました。
151019_map2
コースタイムはおおよそ10時間。健脚者向けと呼ぶにふさわしいロングコースです。

8時10分 平丸バス停
突然登山口にワープしましたが、実はここまで来るのは結構大変です。
道志村 平丸バス停

ここ道志村は公共交通の不毛地帯です。平丸バス停へ来るためにはまず橋本駅から三ヶ木(みかげ)行きのバスに乗り、そこから更に月夜野行きのバスに乗り換える必要があります。
151019_map3
三ヶ木発の月夜野行きのバス便は1日に2本しかありません。乗り遅れるとアウトなので要注意です。

バス停からはまず月夜野方向に向かって進みます。
151019_003

車道がトンネルに入る手前に登山道の入り口があります。
151019_004

資材置き場の脇を通って登山開始です。
蛭ヶ岳 平丸の登山口

登り始めてしばらくは、まるで奥多摩のような人工林の中を進みます。
151019_006
151019_007

しばらく進むと若干荒れ気味の道になっていました。蜘蛛の巣が跋扈しており、あまり歩かれていない道であることが窺えます。
151019_008

登り始めて2時間ほどで尾根筋の道に合流します。
151019_009

この道は東海自然歩道として整備されており、ここからは姫次までは非常に歩きやすい道が続きます。
151019_010

途中に水場がありました。水は既に十分な量を携えていますがせっかくなので見に行きます。
丹沢 焼山の水場

まるで崖のような急斜面を下ったところに水場がありました。尾根筋の道が多いからか、丹沢エリアは全般的に水場が少ない印象があります。
丹沢 焼山の水場

東海自然歩道の案内板。
151019_013
東京近郊の山を登っていると割りとよく目にします。
実は東京から大阪まで全長1,697キロにもおよぶ長大な歩道です。

黍殻避難小屋の脇を通過。
丹沢 黍殻避難小屋
中を覗いては見ませんでしたが、最近リニューアルされたばかりの非常に綺麗な小屋らしい。

対岸から望む丹沢三峰。
151019_015
宮ケ瀬湖から丹沢三峰をへて丹沢山に至るルートも存在します。
昔歩いたことがありますが、ひたすら長くて結構ハードな道です。

東海自然歩道の最高地点であることを示す標識がありました。標高は1,433メートルです。
東海自然歩道最高地点の標識

11時10分 姫次に到着
ここまできて初めて蛭ヶ岳の名前が道標上に出現します。
丹沢 姫次

お蛭さん初お目見え。
姫次からみた蛭ヶ岳

姫次の様子
広々としており、休憩にはもってこいです。
丹沢 姫次
この机のような見た目をしたベンチは、腰掛けるのではなく上に乗って休憩するのが正しい使い方です。
なぜそんなことをするのかと言うと、地面に足をつけた状態で休憩しているとヤマビルが群がってくるからです。

丹沢のほぼ全域で猛威を振るっているヤマビルですが、この姫次の一帯はそのなかでも特に多く発生する場所なんだとか。

蛭ヶ岳と言う名前自体が蛭が多いから付けられたと言う説があるくらいです。(他にも諸説あり)

ヤマビル発生シーズンはGW明けから夏頃にかけてなので、今はもうシーズンは終わっています。
念のためヤマビル忌避剤を靴に散布してきていますが、幸いなことに一匹も見かけませんでした。

姫次は富士山の展望スポットとしても有名です。
丹沢 姫次から見た富士山

富士山をズーム
丹沢 姫次から見た富士山

蛭ヶ岳に向かいます。まずは一旦大きく下ります。
151019_022

西丹沢の山々が良く見えます。右の山が大室山1,587m)。中央付近の鞍部が犬越路。左の枠からはみ出ている山が檜洞丸(1,601m)です。
151019_023

紅葉のピークはもう過ぎてしまっており、落葉に向かいつつありました。
151019_024

原小屋平を通過。名前からして昔小屋があったんですかね。今は何も無い平場でした。
151019_025

道中の紅葉
151019_026

道中の紅葉その2
151019_027
この付近で、この日初めて他の登山者とすれ違いました。口髭がダンディなおじさんです。軽く挨拶して通り過ぎました。

髭が微笑む 蛭ヶ岳~♪
即興の「麦と兵隊」の替え歌を口ずさみながら登ります。
151019_028

いよいよ蛭ヶ岳本体にアタック開始です。山頂までは丹沢名物階段地獄が延々と続きます。
151019_029

この階段がかなりキツイです。延々と続いて先が見えません。背後に広がる絶景を眺めつつ、しばし小休止を取ります。
151019_030

眼下になにやら立派な橋が見えました。檜皮橋(ひわたばし)と言うらしい。
丹沢 檜皮橋

山頂まで緩むことなく急登が続きます。健脚者への道とはかくも厳しいものでありましたか。
151019_032

12時40分 蛭ヶ岳登頂
登り始めてから4時間半もかかってようやく到着です。丹沢最高峰は実に遠かった。
蛭ヶ岳の山頂標識

山頂の様子
広々としています。そして誰もいない。
蛭ヶ岳 山頂の様子

蛭ヶ岳山頂に立つ蛭ヶ岳山荘。通年営業の有人小屋です。
蛭ヶ岳山荘

塔ノ岳へと続く丹沢主脈。
蛭ヶ岳山頂から見た丹沢主脈の稜線

丹沢主稜と檜洞丸。
151019_036

犬越路と大室山。
151019_037

富士山は麓が雲に覆われて頭だけしか見えなくなっていました。
151019_038

富士山をバックにドヤ顔の自撮しようとして完全に失敗した図。頭で隠してどうすんだ。
151019_039
頭に巻いているのはお隣丹沢山のみやま山荘オリジナル手拭です。本当は蛭ヶ岳山荘の手拭が欲しかったのですが売り切れで買えなかったので腹いせに(?)に巻きました。

こちらは丹沢三峰です。
151019_040

麓の宮ケ瀬湖も見えました。
蛭ヶ岳山頂から見た宮ケ瀬湖

ここまで歩いてきた焼岳方面の主脈稜線。
151019_042

丹沢山に向かって下山を開始します。下山と言いつつも、この後何度も激しく登ったり降りたりします。
151019_044

正面に見えているのは鬼ヶ岩と呼ばれる場所です。鬼の角のように二股に分かれている岩です。
丹沢主脈 鬼ヶ岩
丹沢主脈 鬼ヶ岩
鬼ヶ岩の直下はちょっとしたクサリ場になっていますが、登り使う分にはまったく難しくありません。

鬼ヶ岩の間から望む蛭ヶ岳は定番の撮影スポットです。忘れずに抑えておきましょう。
鬼ヶ岩の間から望む蛭ヶ岳

気持ちの良い稜線歩きが続きます。右奥に見えているのは大山1,252m)です。
151019_048

大山をズーム
151019_049

振り返ってみる蛭ヶ岳。
蛭ヶ岳丹主脈の稜線から見た蛭ヶ岳

緩やかなアップダウンが続きます。このあたりに背の高い木がまったく無いのは鹿に食い尽くされたからだとか。
151019_051

道中に東屋がありました。
丹沢 不動ノ峰の東屋

何時作られたものかは知りませんが、大分老朽化が進んでいました。
丹沢 不動ノ峰の東屋

見事なまでに何もない笹っ原です。恐るべし鹿の食欲。
151019_054

丹沢山の目の前までやってきました。登り返しがキツそうです。
151019_055

14時半 丹沢山登頂
丹沢山の山頂
疲れた。しかしまだまだ先は長い。

紅葉を口実に何度も小休止。
151019_057
「もう歩くの嫌だ、健脚者なんて辞めてやる」と言う気分になっていたのは秘密です。

15時20分 塔ノ岳登頂
最後の登り返しですっかりグロッキーです。この先は下りとはいえ、大倉まではまだあと7kmも残っています。
151019_058

塔ノ岳から望む蛭ヶ岳。これで見納めです。
塔ノ岳から望む蛭ヶ岳

大倉尾根(通称バカ尾根)の降下を開始します。
151019_060
ここで取っておいたファイト一発を投入しました。
タウリン1,000mgの力で長くつらいバカ尾根の下山に立ち向かおうと言う算段です。

長い長いバカ尾根を下ります。
151019_061
2時間ほどかけて大倉へ下山。健脚者への道は終わりました。

蛭ヶ岳への日帰り登山はずっと前から暖めていた一つの目標でした。それだけに達成した際の喜びは一入でした。
日帰り困難といわれる蛭ヶ岳ですが、日の長い季節を選べば十分に余裕を持って日没までには戻ってこれます。今回歩いた道志村からのルートは、あまり歩かれていないようでしたが、蛭ヶ岳日帰り制覇を目指している人には非常にオススメです。少なくとも大倉から往復するよりは遥かに楽でしょう。
同じく日帰り困難といわれる東京都最高峰の雲取山と比較すると、歩行距離はほぼ同じ位。道中のアップダウンは蛭ヶ岳の方が多い印象です。実際に両方とも日帰りで登ってみましたが、蛭ヶ岳の方が若干難易度が高いかと思います。

<コースタイム>
平丸BS(8:10)-姫次(11:10)-蛭ヶ岳(12:40~13:10)-丹沢山(14:30)-塔ノ岳(15:20)-大倉BS(17:10)

蛭ヶ岳の山頂にて記念撮影

健脚者へ道 完

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました