笹子雁ヶ腹摺山 甲府盆地の入口を扼す笹子御殿

米沢山付近から見た笹子雁ヶ腹摺山
山梨県大月市と甲州市の境にある笹子雁ヶ腹摺山(ささごがんがはらすりやま)に登りました。
中央自動車道笹子トンネルの上にある山で、大月市の秀麗富嶽十二景にも選ばれています。
思わず舌を噛みそうになるような名をもつこの山、標高1,500メートルにも満たない低山ながら、なかなか登り応えのある奴でした。

2016年12月18日に旅す。

 


今回の行き先は、思わず二度聞きしそうになるような長ったるい名を持つ山、笹子雁ヶ腹摺山です。
御坂山地と奥秩父山塊の境に当たる場所にあります。

と言われても、地元山梨の人でもない限りはピンとこないですかね。

簡単に言うと、大月から甲府盆地へと向かう甲州街道上に、まるでとうせんぼするかのような位置に陣取っている山です。
161218_map1 かつて、笹子峠は甲州街道最大の難所として君臨し、甲斐と江戸の交通の大きな障壁となっていました。

笹子峠より東の一帯は郡内地方と呼ばれ、国中地方(甲府)よりも関東との結びつきが強い地域となっています。言わば、ここは都市圏の境界です。

現在では、この山の下に計4本ものトンネルが掘られおり、苦難の山越えせずとも往来が可能です。

それでは、往年の苦労を偲ぶ笹子嶺越えへと繰り出してみましょう。

ルート
161218_map
笹子駅より、笹子嶺と呼ばれる一帯を縦走して甲斐大和駅へと下ります。標準コースタイムは7時間25分ほど。そこそこ歩き応えのあるコースです。

 

1.笹子雁ヶ腹摺山登山 アプローチ編 電車と徒歩で、都市圏境界の山を目指す

早朝の高尾駅
6時40分発の松本行きに乗り込みます。なおこの電車、八王子始発のため、高尾から乗るとほぼ確実に座れません。
JR高尾駅のホーム
京王線ユーザ的には、京王八王子駅があんな嫌がらせのように離れた位置になければ、素直に八王子で乗り換えるんですけどね。

7時34分 笹子駅に到着しました。
秀麗富岳十二景の山多くがそうであるように、笹尾雁ヶ腹摺山も電車のみでのアプローチが可能です。駅から少々歩くことにはなりますが。
笹子駅のホーム

この季節の早朝時間帯というのは、物凄く寒いです。地面が凍ってるし。
笹子駅の駅舎

笹子駅からはしばらく国道20号を道なりに進みます。前方にはこれから超えようとしている、笹子領と呼ばれる尾根が横たわっています。
笹子駅付近の国道20号線

オオツキが大月で月を見上げる。特に・・・と言うか、まったく意味はありません。
161218_006

大月市内でお馴染みの案内板を発見。いまだに、この紫色の物体が何を表現しているか全くわかりません。
大月市の道標

笹子雁ヶ腹摺山の頭だけが見えました。
国道20号から見た笹子雁ヶ腹摺山
この界隈には雁ヶ腹摺山の名を持つ山が全部で3座存在します。あとの2座は、無印の雁ヶ腹摺山と、日本一長い名前の山として知られる牛奥ノ雁ヶ腹摺山です。

ちなみに、雁というのはカモ科の渡り鳥の名前です。渡りの季節になると、雁の群れがこの付近の山を、腹を摺りそうなくらいの高度で一斉に飛び越え行くのでしょう。

新中橋に到着。笹子峠への分岐点です。ここは左側の道に進みます。
新中橋

登山道の入り口はお墓の中にあります。行儀良く進入しましょう。
161218_010

 

2.子雁ヶ腹摺山登山 登頂編 急坂を越えてあまり秀麗ではない富嶽との対面へ

墓場の最上段から登山開始です。
161218_011

初っ端からすごい急登が始まります。この辺りには紛らわしい踏み跡が無数にありますが、墓場から真上に向かって直登が正解です。
161218_012

登山道は送電線の保線路を兼ねているようです。この後も幾度となく鉄塔に遭遇しました。
161218_013

急登が続きます。あまりに急すぎて踵が痛くなりました。
161218_014
161218_015
笹子雁ヶ腹摺山のご本体が見えてきました。この後もひたすら急登です。
161218_016
161218_017

麓からも見えていた電波反射板が目の前に現れました。小難しい理屈は良くわかりませんが、この板に電波を反射させることによって、電力を消費せずに中継装置の代わりを果たすらしい。
161218_018

反射板の脇で振り返ると富士山が一望できます。
笹子雁ヶ腹摺山から見た富士山
とはいっても見えるのは頭だけです。
秀麗富嶽を名乗るには力不足なんじゃないかね?

山頂が見えてきました。
161218_020

9時50分 笹子雁ヶ腹摺山に登頂しました。
山頂には標識がやたらいっぱい立っておりました。
笹子雁ヶ腹摺山の山頂標識
笹子雁ヶ腹摺山の山頂標識
標識によると、この山は「山梨百名山」「秀麗富嶽十二景」「大和十二景」という3っつのタイトルを保持しています。

大和十二景というの初めて目にしました。ちなみに、大和村は2005年に平成の大合併により消滅し、現在では甲州市の一部になっています。

それが理由かは分りませんが、大和十二景なるものの公式サイトの存在は確認できませんでした。

山頂の様子
ベンチがひとつあるだけの狭い山頂です。
笹子雁ヶ腹摺山 山頂の様子

山頂からの富士山の展望は、ご覧通りガッカリな感じです。山頂からよりも、途中の反射板の脇からが一番良く見えます。
笹子雁ヶ腹摺山の山頂から見た富士山

甲府盆地を挟んだ向かいに、南アルプスの山々が一望できます。こちらについては文句なしの眺めです。秀麗富嶽の名を返上して秀麗南アルプスに改名しては如何だろうか。
笹子雁ヶ腹摺山から見た南アルプス

 

3.笹子雁ヶ腹摺山より米沢山、お坊山へと続く険路

次なるピーク米沢山を目指して出発します。この先は大きくアップダウンを繰り返すなかなかの険路となります。道中には鎖場も2ヵ所あります。
161218_026

写真だと伝わり辛いのですが、笹子雁ヶ腹摺山は北側斜面もえげつない急坂です。どちらから登っても急登に苦しめられる山と言うことですな。
161218_027

これから登る米沢山とお坊山を一望できました。ご覧の通り、アップダウンの連続です。
笹子雁ヶ腹摺山から見た米沢山とお坊山

米沢山へ向かう道の途中に絶景スポットがあります。忘れずに抑えておきましょう。
161218_029

頭だけの富士山。御坂山地が邪魔ですね。
161218_030

大月方面の展望。山座同定を試みるも、特徴の無い山並みで早々と諦めました。
161218_031

そして先ほどまで居た笹子雁ヶ腹摺山。こちらから見ると、山頂が平たい山であることがわかります。
161218_001

山頂部をズーム
山頂直下にある電波反射板も良く見えます。
161218_032

米沢山に近づくにつれ、段々と道が険しくなってきました。足元が切れ落ちた岩場をトラバース気味に進みます。
161218_033

ここで遂にクサリ場出現です。
米沢山の鎖場

クサリ場通過中
米沢山の鎖場に取り付く登山者
ぼっち登山においてこのようなヤラセ写真迫真の登攀シーンを撮影するには
①三脚とカメラを設置
②セルフタイマーセット
③10秒以内に登ってるポーズをとる
④三脚とカメラを回収
と言うプロセスを踏む必要があります。非常に面倒くさいので、自撮りはコレで最後にしておきます。

クサリ場が結構長く続きます。登りで使う分には特に問題ありませんが、下りだとわりと高度感があって少し怖いかもしれません。
161218_036

そうこうする内に山頂が見えてきました。
161218_037

 

11時20分 米沢山に登頂しました。
ここまで程よくスリリングな、歩いていて楽しい道のりでした。なお、凍結している時だと難易度は急増するかと思います。

米沢山の山頂標識

山頂の様子
何もありません。腰を下ろせそうな岩とか倒木すらないのでさっさと次へ進みましょう。
161218_039

縦走最後のピーク、お坊山に向けて出発します。
161218_040

熊さんの爪とぎ痕。この界隈は、熊の目撃情報が多い場所です。
161218_041

ヤセ尾根が延々と続きます。このあたりはどうやら風の通り道らしく物凄く寒いです。
161218_042

割とあっさり山頂が見えてきました。
161218_043

と思ったらまだでした。騙しピークと言う奴です。
161218_044
地図によればここはトクモリと呼ばれる場所のようです。そのことを示すネームプレートのようなものは見当たりませんでした。

今度こそ、お坊山に向かって最後の登り返しです。
161218_045

背後を振り返ると富士山が見えました。うむ、少なくとも笹子雁ヶ腹摺山からの富士山よりはこっちのほうがまだ秀麗だな。
161218_046

12時 お坊山に登頂しました。
本日の行程のここが最高地点です。なかなか歩きごたえのある道のりでした。
お坊山の山頂標識
読みかたはやっぱり「おぼうさん」なのかな・・・

山頂の様子
ここにもベンチ等は一切ありません。
お坊山山頂の様子

この山頂からは甲府盆地方面の視界が開けています。正面には南アルプスの雄姿が一望できました。
お坊山から見た南アルプス

北側をズーム
白根三山はすっかり雪を被っていました。
お坊山から見た白根三山

そして南アルプス南部の山々。
お坊山から見た南アルプス南部の山々

こちらは八ヶ岳。同じく冠雪しています。
お坊山から見た八ヶ岳連峰

4.笹子領を越えて甲斐大和へ

一通り山の閲兵式を終えて満足したところで下山開始です。
161218_053

正面には小金沢蓮嶺の山々が見えます。左側の鉄塔の奥に見えているのがたぶん大菩薩嶺です。
161218_054

こちらは小金沢蓮嶺の南端である滝子山。非常に尖がったシルエットをしています。
161218_055

大鹿峠まではこれまた容赦のない急坂が続きます。この山域は全方位が鉄壁の急登に守られているようです。
161218_056

12時40分 大鹿峠に到着
ここで一本立てました。(※山ヤ用語で休憩を取るの意)
大鹿峠

峠の様子。
ベンチが一つだけあります。ベンチの裏は斜面の崩落が進んでおり、安全のためトラロープが張られていました。
大鹿峠の様子

峠よりお坊山を振り返る。ふざけた名前の割りになかなか立派な山です。
大鹿峠から見たお坊山

ここからは緩やかな道でした。枯れ葉をザクザク鳴らしながら気持ちよく下ります。
161218_060

氷川神社の脇を通過します。屋根がやたらとテカテカしていました。
お坊山の氷川神社
奥多摩の氷川集落と何か関係あるのかな?

鹿よけのゲートを通れば文明社会へ帰還です。
お坊山登山口の鹿除け

道が民家の敷地内を貫通していました。・・・何と言うか、大らかですね。
161218_063

景徳院の入り口まで下って来ました。武田勝頼の墓がある武田家終焉の地とのことです。
景徳院の入り口

景徳院から甲斐大和駅までは、徒歩でおおよそ30分ほどです。甲州市の市民バスが通ってはいますが、本数はあまり多くありません。
161218_065

14時5分 甲斐大和駅に到着しました。
トンネルを使うことなく、徒歩での笹子領越えの完了です。
甲斐大和駅の駅舎

中央線に鈍行列車に乗り込み、帰宅の途につきました。
甲斐大和駅のホーム

古人達の苦労を偲ぶ笹子領越えは、こうしてつつがなく終了しました。普段何気なく通っている国道20号線がいかに便利なものであるのかが、大変身に染みて良くわかった山行きでありました。
ここまでお読み頂けた方にはなんとなく伝わっているかと思いますが、今回歩いたルートは基本的に登りも下りも急坂続きです。アップダウンも非常に多く、決して楽な道ではありません。それなりにガッツリと歩きたい人向けのルートかと思います。
また、標高1,400メートル足らずの低山であるため、暑い時期の訪問は避けたほうが無難でしょう。甲府方面の展望は素晴らしいですが、あまり秀麗でない富嶽に過剰な期待は禁物です。

<コースタイム>
笹子駅(7:34)-新中橋(8:15)-笹子雁ヶ腹摺山(9:50)-米沢山(11:20)-お坊山(12:00)-大鹿峠(12:40)-景徳院(13:40)-甲斐大和駅(14:05)

笹子雁ヶ腹摺山での記念撮影

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました