高尾梅郷 裏高尾にひっそりと点在する紅白の梅林

奥高尾 木下沢梅林
東京都八王子市にある高尾梅郷(たかおうめきょう)を歩いてきました。
高尾から小仏に至る旧甲州街道沿い点在する梅園の総称です。その中でも特に、合計1400本もの梅が栽培されている木下沢梅林(こけざわばいりん)の光景は圧巻です。
梅香る奥高尾の古道を、のんびり散策してきました。

2019年3月10日に旅す。


普段から京王線をご利用している人であるならば、駅の京王PRボードに掲げられたこの梅林の光景を毎日眼にしているのではないでしょうか。
190310高尾梅郷_002
これこそが今回の舞台である高尾梅郷にある、木下沢梅林です。

高尾梅郷とは、旧甲州街道に沿うようにして存在する梅園の総称です。遊歩道梅林、関所梅林、天神梅林、荒井梅林、するさし梅林、木下沢梅林および小仏梅林の計七ヵ所です。
190310高尾梅郷_003

毎年見ごろを迎える3月中旬にあわせて、高尾梅郷梅まつりが開催されます。軽食を売る出店の他に、各梅林を巡るスタンプラリーや演奏会などが催されます。
190310高尾梅郷_004
生憎の曇り予報となった週末の日曜日。午前中の僅かな晴れ間をついて、梅林巡りへと繰り出して来ました。

コース
190310高尾梅郷_005
高尾山口駅よりスタートし、七ヵ所の梅園を巡りながら小仏バス停を目指します。ゆっくり歩いても2時間程度で行程です。(各梅林での散策時間は除きます)

7時5分 京王線某駅
午後からは天気が崩れると言う予報であるため、近場ではあるものの比較的早くに始動します。
190310高尾梅郷_006

目的地の高尾梅郷の写真が掲げられていました。山腹に広がる見事な紅白模様です。なかなか期待できそうですな。
190310高尾梅郷_002
この掲示板は京王PRボードと称していますが、実質的に高尾PRボードと化している感があります。京王線は割と通勤通学需要に特化していると言うか、箱根を擁する小田急と比べて観光面では弱いイメージです。

7時50分 高尾山口駅に到着しました。
高尾山にしては珍しく空いております。この山のハイシーズンがいつなのかは知りませんが、3月中旬と言うのはあまり人気の無い時期なのでしょうか。
190310高尾梅郷_007

今の所は素晴らしい青空が広がっています。ずっとこの調子のままだと嬉しいのですけれどね。
190310高尾梅郷_008

駅前には早速、お目当ての梅まつりの告知がされていました。
190310高尾梅郷_009

高尾梅郷に向かうにはまず、トリックアート美術館方向に進み京王線のガードをくぐります。
190310高尾梅郷_010
190310高尾梅郷_011

浅川にかかる上椚田橋を渡ったら左に曲がります。橋を渡る前に曲がると行きどまりなので、お間違えの無いようご注意ください。
190310高尾梅郷_012

川の土手沿いに梅の並木が立ち並んでいるのが見えました。
190310高尾梅郷_013

ここが最初の梅園である遊歩道梅園です。その名が示す通り、川沿いの遊歩道が梅園となっています。
190310高尾梅郷_014
190310高尾梅郷_015

早起きした甲斐あって、見事な青空の下の梅の姿を見ることが出来ました。やはり花は青空にこそよく映えます。
190310高尾梅郷_016

梅まつりの開演時間は9時以降になってからですが、既に見物客の姿もチラホラとありました。
190310高尾梅郷_017

川沿いを離れて、お次の梅園である関所梅園へ向かいます。
190310高尾梅郷_018

歩いて5分とかからない場所に関所梅園がありました。
190310高尾梅郷_019
ちなみにこの道は、大垂水峠経由のルートに付け替えられる以前の甲州街道の跡です。その名が示す通り、この場所には江戸時代に関所がありました。

関所の跡地は公園となっており、小規模ながら梅林も存在します。
190310高尾梅郷_020

ここでは梅よりも、どちらかと言うとこのサンシュユの姿の方が大きく目に止まりました。
190310高尾梅郷_021
190310高尾梅郷_022
今がちょうど満開と言ったところでしょうか。ちなみにこの花も、春の季語として扱われるくらいこの季節定番の花です。

公園では演奏会の会場が設営されている真っ最中でした。本日は天候の都合で朝早くから始動しましたが、梅まつりそのものを楽しみたければ、朝はもう少しゆっくりとお出かけになった方が良いと思います。
190310高尾梅郷_023

さあどんどん行きましょう。さらなる奥地の梅林を目指して、道なりに進みます。
190310高尾梅郷_024

お次の荒井梅園へと向かいます。荒井バス停が現れたら、右折して中央線のガードをくぐります。
190310高尾梅郷_025

とまあ、今さらルートを解説したところで、この記事が投降される頃にはきっともう梅のシーズンは終了してしまっていることでしょう。この情報が誰かの役に立つのは、来年以降になるという事です。毎度遅筆で申し訳ございません。。
190310高尾梅郷_026

荒井梅園は坂を登った先の小高い場所にあります。という事で、えっちらおっちらと登ります。
190310高尾梅郷_027
190310高尾梅郷_028

登り切った所で、見慣れた看板が立っていました。
190310高尾梅郷_029

旧甲州街道からすこし離れた場所にあるためか、荒井梅園は訪れる人も少ない穴場です。静かな場所でゆっくりと梅を見物したい人にはお勧めです。
190310高尾梅郷_030

眼下には、この後に向かう予定の天神梅林がみえます。小規模ながら、山腹の一部が見事な紅白模様になっています。
190310高尾梅郷_031

すぐ下を中央本線が走っているので、格好の撮鉄スポットです。この先頭が黄色い車両は、富士急線直通のホリデー快速富士山号です。
190310高尾梅郷_032

元来た道を引き返して、天神梅林へと向かいます。
190310高尾梅郷_033

天神梅林はこの橋を渡った対岸にあります。
190310高尾梅郷_034
190310高尾梅郷_035

パイプから出ている水を見ると、ついつい無条件で口にしてしまうのは、ハイカーならではの行動と言ったところでしょうか。
190310高尾梅郷_036
生水を飲んでも良いとはどこにも書いてはおりませなんだが、冷たくておいしい水でした。その後特に腹痛等に見舞われたりしていないので、たぶん大丈夫なのでしょう。

提灯がぶら下がっていました。これは、夜になるとライトアップされるのでしょうか。
190310高尾梅郷_037

身も蓋もないことを言うようですが、梅林と言うのは中に入って眺めるよりも、少し離れた位置から遠巻きにして眺めた方が良い感じです。内側からだと、全容が良くわかりませんからね。
190310高尾梅郷_038

奥へと進みます。ただでさえ狭い道なのに、梅まつりのために増発されているのであろうバスがひっきりなしに往来して、軽い渋滞状態です。
190310高尾梅郷_039

またもや水場がありました。そしてまたもや何の躊躇もなしに口にします。冷たくておいしい。
190310高尾梅郷_040

圏央道の橋脚が頭上高くにそびえ立ちます。こんなでっけえモンをよう作るなあ。
190310高尾梅郷_041

 

またもや梅まつり会場が設営されていました。今回私は集めておりませんが、ここもスタンプラリーのチェックポイントの一つです。
190310高尾梅郷_042会場がバラけてしまっているせいか、祭りとは言ってもあまり一体感は感じられません。それを解消するためのスタンプラリーなのでしょうけれど。

沿道も今まさに花満開です。旧甲州街道沿いにただ歩くだけでも、十分すぎるほどの梅見が出来ます。
190310高尾梅郷_043

今度は湯の花梅林です。こちららの梅林には中へ入ることはできず、道すがらに眺めるだけです。
190310高尾梅郷_044
190310高尾梅郷_045

湯の花梅林すぐ先に、次なる梅林のするさし梅林が現れました。再び川の対岸へと渡ります。
190310高尾梅郷_046
190310高尾梅郷_047

するさし梅林の梅は、鑑賞用ではなく実際に梅の実を収穫するためのものらしく、背が低くなるように刈り込まれれていました。
190310高尾梅郷_048

ここにも会場が設営されていました。古着の販売などのフリーマーケットが軒先を並べており、外部から来た人間向けと言うよりは、地元の人たちの年に一度のお祭りと言った雰囲気でした。
190310高尾梅郷_049

相変わらずバスが引っ切り無しに往来する狭い道を、どんどん奥へと進みます。
190310高尾梅郷_050

ミツマタもちょうど今が満開時です。梅の薄っすらとした上品な香りとはだいぶ趣の異なる、強烈な芳香が辺りに立ち込めます。
190310高尾梅郷_051

そうそう。前々から欲しい欲しい言っていたマクロレンズを、最近ようやく手に入れました。という事で、早速クローズアップしてみます。
190310高尾梅郷_052

続いて梅の花をクローズアップ。こうして見ると、まるで磯の生き物みたいな姿ですね。
190310高尾梅郷_053

小指の先端以下の大きさのオオイヌフグリですら、接写すればこの大きさで写せます。まさにマクロな世界です。
190310高尾梅郷_054

釣り堀がありました。釣りなんてもう何年もしていないなあ。
190310高尾梅郷_055

マス釣り場と言うのは、名称の頭に何故か必ず「国際」とついているような気がするのですが、何故なのでしょう。
190310高尾梅郷_056

思いっきり日向にあるのに日影バス停とは、名称に偽りありです。
190310高尾梅郷_057

元日早々に目晦ましを食らわせられた、日影沢林道の入り口を通過します。
190310高尾梅郷_058

中央本線の高尾-上野原間が開通したのは、実に明治34年の出来事です。そんな訳で、歴史を感じさせられるレンガ造りのアーチがありました。
190310高尾梅郷_059

アーチをくぐってすぐに、分岐があります。本日のメインにベントとでもいうべき木下沢梅林へ行くには、ここを右折です。
190310高尾梅郷_060

早速梅林が見えてきました。合計1,400本もの梅が栽培されているとのことなので、かなりの規模です。なかなか期待できそうですね。
190310高尾梅郷_061

ここは私有地なので、普段は立ち入り禁止です。梅の開花期間に限り、特別に解放されています。
190310高尾梅郷_062

かくしてそこには、京王PRボードに掲げられている通りの光景が広がっていまいした。
190310高尾梅郷_063

背後の土手の上に、梅林全体を見渡せそうなスペースがあったので上がってみます。
190310高尾梅郷_064

という事で、木下沢梅林の全容はこのようになっております。駐車場が景観をぶち壊しにしてしまっているのが、少々残念なところです。
190310高尾梅郷_065

それでは中へと入ってみましょう。入場料はかかりません。
190310高尾梅郷_066

天神梅林でも思ったことですが、梅林の中に入ってしまうとイマイチ面白くはありません。梅林と言うのは遠巻きに眺めた方が、どこか幻想的な雰囲気で良い感じだと思います。
190310高尾梅郷_067
190310高尾梅郷_068

売店があったので、おやつ用に桜餅を購入して少々休憩を取りました。
190310高尾梅郷_069

帰路に格好の撮り鉄スポットがあったので、せっかくなので少し待機して通り抜けるのを待ちます。
190310高尾梅郷_070
頭がちょっと架線にかかってしまいました。ベストアングルで捉えるのはなかなか難しいいものですなあ。

小仏バス停に向かいます。沿道には梅が立ち並び、小仏梅林と呼ばれています。小規模ながらこの小仏梅林こそが、高尾梅郷の最初の梅林だったのだそうです。
190310高尾梅郷_071
朝にはあれほどの青空が広がっていたのに、いつの間にやら予報の通りの曇り空に変わっていました。

中央本線の小仏トンネルまで歩いてきました。このトンネルを抜けると、そこはもう神奈川県です。
190310高尾梅郷_072

それにしてもこの旧甲州街道は、ただ歩いているだけで撮り鉄が大いに捗りますな。
190310高尾梅郷_073

10時58分 小仏バス停に到着しました。
天気がもつのだったら、このまま甲州街道跡に沿って進み、小仏峠を越えて相模湖に抜けると言うのも良いプランかもしれません。
190310高尾梅郷_074
本日はもうすでに、頭上を曇り空が覆いつつあったので、素直に高尾行きのバスに乗り込み、そのまま帰宅の途につきました。

奥高尾の旧街道沿いを巡るお散歩はこれに終了です。
以前よりずっと気になっていた、京王PRボードに掲げられた光景を実際に目にすることが出来て、大いに満足しました。木下沢梅林のスケールはかなりのもので、わざわざ遠路はるばる湯河原まで出かけずとも、ここで充分なのではないかと思わせてくれるだけの光景でした。
まだあまり名の知られていない穴場の梅林で、一足早くに春の到来を感じるお散歩へと、繰り出してみてはいかがでしょうか。

190310高尾梅郷_075

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました