十二ヶ岳 富士山麓のアスレチックマウンテン

節刀ヶ岳から見た十二ヶ岳
山梨県の富士河口湖町にある十二ヶ岳(じゅうにがたけ)に登りました。
富士五湖の一つ西湖の湖畔にそびえる富士外輪山の一つです。幾多もの痩せた岩の小ピークが連なり、低山ながらダイナミックな岩場歩きが出来る山として知られています。
ちょっとしたスリルを求めて訪れた山で待っていたのは、富士の大展望と、ちょっとしたスリルでは済まない道でした。

2016年5月3日に旅す。


富士山麓の西湖湖畔に面白い山があるらしい。

いつものように、山と高原地図の付録についている小冊子をぼんやりと眺めながら次に登る山を物色していた私が、この山の存在を認識したのは2016年初頭の事です。

詳しく調べてみると、険しい岩峰と鎖場の続くちょっぴり危険でスリリングな山だとか。
また、富士山周辺の山の常として、この山も格好の富士展望台であるようです。

富士山を横目に痩せた岩尾根を歩くとか、それだけでもうアトラクション感が満載ではありませんか。

すぐに興味が沸きましたが、時は厳冬期も真っ盛りな2月中旬。登山道が凍結した状態の岩場歩きが危険なのは、分かり切っているところです。

十二ヶ岳と言う名を記憶の片隅に刻みつつ一旦計画を塩漬けにし、暖かくなってきたところで、満を持しての計画再始動と相成りました。

コース
160503_map1
毛無山登山口BSより毛無山を経て十二ヶ岳へ登頂。帰りは桑留尾(くわるび)に下山して「いずみの湯」へ。
温泉に向かって歩くという理想のコース取りが出来上がりました。

9時35分 富士河口湖駅
JR高尾駅から富士急線直通の河口湖行きがちょうどいいタイミングで出ていたので、乗り換え無しでここまで来れました。
160503十二ヶ岳_002

毛無山登山口に向かうには西湖周遊バスに乗ります。
160503十二ヶ岳_003
この周遊バスは何故かパスモ・スイカが使えません。乗客の9割は外国人で、みな乗り放題のフリーパスを提示して乗車していました。

10時10分 毛無山登山口バス停に到着。
登山道の入り口はトンネルの脇にあります。
160503十二ヶ岳_004

10時20分
飯も食わずに家を出てきたので、軽く腹ごしらえしてから登山開始です。まずは毛無山の山頂を目指します。
160503十二ヶ岳_005
どうでもいい事ですが、毛無山という名前にはとてもシンパシーを感じます。

道端に生えていたお花。
植物にはあまり造詣が深くありませんが、これはおそらくリンドウです。
160503十二ヶ岳_006

新緑の登山道を登ります。
良く整備されていて非常に歩きやすい道です。
160503十二ヶ岳_007

木の隙間からこれから目指す十二ヶ岳の稜線が見えました。
前評判に違わず、なかなか険しそうな姿をしております。
160503十二ヶ岳_008

登山道にはまだ桜が咲いていました。この時点で標高は1,300メートルほど。
160503十二ヶ岳_009

背後を振り返ると、松と富士と言う鉄板の構図が出来上がっていました。
まるで絵葉書のような光景です。
160503十二ヶ岳_010

こちらは河口湖。
富士五胡の中で一番大きいと思われがちですが、実は面積は山中湖の方が大きく、湖岸の長さが一番長いのだそうです。なるほど良くわからん。
160503十二ヶ岳_011

こちらは西湖です。富士五胡の中では一番影が薄いのではないでしょうか。
160503十二ヶ岳_012
西湖の先に見えている瘤のような山は大室山(1,468m)です。
樹海の真っ只中にある道も無い山です。帰ってこれなくなる可能性が大なので、間違っても登ろうなどと思ってはいけません。

十二ヶ岳の山頂が見えました。山頂直下の傾斜が結構ヤバイそうな感じですな。
160503十二ヶ岳_013

11時40分 毛無山に登頂です。
160503十二ヶ岳_014
杭が折れて、山頂名プレートだけが無造作に地面の上に置かれていました。
・・・山頂標識にまでこのような仕打ちを加えるとは、この国のハゲに対する非寛容さはもはや猟奇的なレヴェルです。

カメラを設置できる杭が無い&ミニ三脚忘れたにより左手を伸ばして自撮り。
160503十二ヶ岳_015

ここから尾根沿いに十二ヶ岳へ向かいます。
十二ヶ岳はその名の通り、十二個の小ピークが連なる鋸のような山容をしており、-ヶ岳から順の名前が付けられています。

と言う訳でまずは最初の-ヶ岳です。
毛無山からは5分ほどで辿り着きます。ピークと言うよりは、ただの稜線上の膨らみのような場所です。
160503十二ヶ岳_016

-ヶ岳から5分ほどで今度は二ヶ岳です。
ここもあまりピークっぽさはありません。十二の名前にあわせるための、無理矢理感が満載です。
160503十二ヶ岳_017

今のところ道は特に険しくもなく穏やかです。
小さなアップダウンを繰り返しながら、どんどん進んでいきます。
160503十二ヶ岳_018

三ヶ岳にして、ようやくピークらしいピークになりました。
160503十二ヶ岳_019

ロープの張られた岩場が現れました。この程度ではまだまだ楽勝です。
160503十二ヶ岳_020

四ヶ岳
これと言った特記事項はありません。
160503十二ヶ岳_021

手を使わないと登れないような道になってきましたよ。楽しくなってきました。
この十二ヶ岳のコースが良くできているのは、後に行くほど難易度が徐々に上がってくるところです。
160503十二ヶ岳_022

岩をよじ登ったところで五ヶ岳です。
160503十二ヶ岳_023

ゴールの十二ヶ岳を視界正面に捉えました。まだ先は長そうです。
160503十二ヶ岳_024

足元に咲いた花などを愛でて、しばし緊張感を和らげます。
これはキジムシロかな。
160503十二ヶ岳_025

六ヶ岳
ここも、これと言った特記事項はありません。
160503十二ヶ岳_026

七ヶ岳は、なにやら惨い事になっておりました。
160503十二ヶ岳_027

もともと七ヶ岳であったであろう場所。
ビニールテープで補修をしたような痕跡が残っている辺りがまた、哀愁を誘います。
160503十二ヶ岳_028

そして八ヶ岳。
うん。どこかで聞いたことのあるような響きです。
160503十二ヶ岳_029

そしてお次の九ヶ岳。
ここからは一旦大きく下りになります。
160503十二ヶ岳_030

振り返ってみる九ヶ岳。なかなか岩々しい姿をしております。
160503十二ヶ岳_031

ロープの張られたザレ場を下ります。
毛無山を出発して以来、始めて他の登山者の姿を見かけました。
160503十二ヶ岳_032

さあ、段々と険しさが増してきましたよ。今のところは、まだ一般登山道レベルです。
160503十二ヶ岳_033

木の根っこに結び付けてあるだけのロープです。使わないほうが無難かも。
160503十二ヶ岳_034

一つ飛んで十一ヶ岳が現れました。どうやら十ヶ岳を見落としてしまったようです。
160503十二ヶ岳_035

いよいよ最後の十二ヶ岳が目の前に立ちはだかります。
これまでの小ピークたちとは明らかにスケールの異なる貫禄があります。
160503十二ヶ岳_036

・・・・
なんか対岸の崖にロープがたらされているのが見えるんですけど。まさかあそこを登るのか?
160503十二ヶ岳_037

十二ヶ岳の手前で、一旦V字型の谷を下ります。
160503十二ヶ岳_038

こっちも殆ど絶壁です。
誰だ、この山をちょっぴり危険とか言った奴は!
160503十二ヶ岳_039

岩壁に咲く可憐なお花。たぶんイワザクラです。
160503十二ヶ岳_040
割と命がけの撮影であったことを追記しておきます。

下りきって見上げるとこんな感じです。
160503十二ヶ岳_041

別アングルです。
もうこれは、あまり一般向けルートとは言えないんじゃないでしょうか。
160503十二ヶ岳_042

谷底にはつり橋がかかっていました。
160503十二ヶ岳_043

「ひとりづつ渡れ」だそうです。
二人同時に渡ったらどうなってしまうのでしょう。ブルブル。
160503十二ヶ岳_044

対岸の十一ヶ岳を悠々と下る老夫婦。
山のベテランと思しきお二方は、実に軽々と下っておられました。
160503十二ヶ岳_045
あの身のこなしかたを学びたい。

さあ、いよいよ登ります。
この時点で、私はかなりビビっていたと言う事実を告白せねばなりません。
160503十二ヶ岳_046
ビビリまくった結果、カメラを構える心理的余裕が失われました。

と言うことで、場面は一気に登り切った地点へとワープします。
途中のシーンは一切ございません。あしからず。
160503十二ヶ岳_047
つい今しがたまで自分が命を預けていた鎖が、実は枯れ木に括りつけられていただけであったことを知って、さらにゾッとするのでありました。

十二ヶ岳から望む十一ヶ岳。
いやはや、すごい道でした。
160503十二ヶ岳_048

崖を登りきった地点からは、御坂山地の主稜線が一望できました。
160503十二ヶ岳_049

13時15分 十二ヶ岳に登頂。
毛無山から1時間45分で到着です。非常に密度の濃い道中でありました。
160503十二ヶ岳_051

十二ヶ岳より望む富士山と西湖。
ここまでのアスレチックを乗り越えて来た者だけが目にすることの出来る光景です。
160503十二ヶ岳_052
と言いたいところではありますが、毛無山を経由せずとも、麓から直接ここまで登ってくることも可能です。

こちらはお隣の鬼ヶ岳(1,738m)。確かに角が2本生えているように見えます。
160503十二ヶ岳_053

麓の桑留尾が見えました。
この時点で私の頭の中は既に温泉モードに切り替わりました。足早に下山開始です。
160503十二ヶ岳_054

あまりに足早過ぎて下山中の写真が残っておりません。唯一残っていたのがこの萎れかかった花の写真だけです。
160503十二ヶ岳_055
下山路は砂礫の急斜面で、下るのに割と難儀したように記憶しております。
下山後に「いずみの湯」へ寄ったはずなのですが、何も思い出せないほどこれと言った特徴の無い普通の温泉施設でした。

河口湖駅から京王5000系に乗って帰還しました。
5000系の中古車両を使用しているのは知っていましたが、塗装まで京王カラーなのは始めて見ました。
160503十二ヶ岳_056

山の危険度に対する感想というのは感覚的なものであるため、人によって感じ方はマチマチです。
岩場は余り得意ではない私の感覚では、この山の危険度は「ちょっぴり」ではありませんでした。一般登山者向けとは言い難い山です。
とりあえず、高いところが苦手な人には全くオススメしません。逆に十二ヶ岳直下の絶壁を見て「楽しそう」と思う方はぜひ足を運んでみてください。この山が大変良くできたアスレチックであることは保障します。

<コースタイム>
毛無山登山口(10:20)-毛無山(11:40)-吊橋(12:50)-十二ヶ岳(13:15~13:40)-桑留尾(14:55)

160503十二ヶ岳_057

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました