沼津アルプス 駿河湾を一望する好展望の里山

香貫山から見た沼津アルプス静岡県沼津市にある沼津アルプスを歩いて来ました。
静浦山地と呼ばれる、駿河湾に沿うようにして連なる山並みです。標高400メートルにも満たない純然たる低山の連なりではありますが、駿河湾と富士山の大絶景を眺めながら歩くとの出来る、好展望のハイキングコースとなっています。
春爛漫の花咲く里山で、桜と海の眺望を大いに楽しんで来ました。

2019年4月6日に旅す。

今回は通称沼津アルプスと呼ばれる山々を歩いて来ました。近年、日本全国にこのてのご当地アルプスが増殖中ですが、沼津アルプスはその中にあっては古参と言える存在です。
190406沼津アルプス_002
北から順に香貫山、横山、徳倉山、志下山、小鷲頭山、鷲頭山および大平山と続く山並みで、駿河湾のすぐ脇に連なっています。

北端に位置する香貫山は桜の名所として知られた存在で、山頂部は公園として整備されています。ここを起点に南下して大平山を目指すのが最も一般的な沼津アルプスの縦走コースです。
190406沼津アルプス_003
今回私は、最後にゆっくり花見をしたかったので、反対向きに南の大平山側から香貫山に向かって北上する行程で歩いて来ました。

新緑が芽吹き花が咲き誇るこの季節は、まさに里山歩きのベストシーズンです。生命の躍動感にあふれた、花咲く縦走路へと繰り出します。
190406沼津アルプス_004

コース
190406沼津アルプス_map
多比(たび)バス停よりスタートし、大平山から香貫山までの沼津アルプスの主要なピークのすべてを縦走します。標準コースタイムは6時間30分と、低山ながらもなかなか歩きごたえのある、骨太のハイキングコースです。

 

1.沼津アルプス アプローチ編 沼津アルプス南の起点、多比バス停へ

この日の朝、私はある一つの命題を前にして、ハムレットよりも深く悩み苦悶していました。その命題とはすなわち、沼津と言うのは新幹線で行く距離か否かと言うことです。

常日頃よりドケチ質素倹約は美徳であると言う価値観でもって生きている私にとって、新幹線代の支出を正当化するには、相応の理由付けが不可欠となります。

そう例えば「新幹線に乗らなければ、その後の乗り継ぎが間に合わない」と言う状況などであれば、こんなに苦悶することも無く、晴れやかなる心持で決断ができることでしょう。

ところが今回はそうもゆかず、始発を乗り継ぐと普通列車でも乗ろうと思っている時間のバスに間に合ってしまうんですよね、これが。

とは言っても、鈍行を乗り継いだ場合、沼津までの所要時間は3時間を超えます。3時間と言う乗車時間は、特急券代の支出を正当化するのに十分な説得力を持つ数字であるようにも思えます。嗚呼悩ましい!

6時45分 JR東京駅
朝っぱらからどうでもいいことにさんざん苦悶した末に、「行きは新幹線、帰りは鈍行」と言う線でひとまずは決着を図ることとしました。致し方ありません、人生に妥協は付き物なのだから。
190406沼津アルプス_005

得られた快適さはプライスレス。という事で、快適な新幹線の座席で悠々と過ごします。
190406沼津アルプス_006
ところで出張族のサラリーマンと言うのは、新幹線に乗車する際には、必ず柿ピーを食べながらビールを飲まなければいけないと言う決まり事でもあるのでしょうか。

新幹線で行くと言いましたが、残念ながら沼津駅に新幹線は停車しません。という事で、一つ手前の三島駅で下車します。
190406沼津アルプス_007

東海道線の普通列車に乗り換えます。沼津までは一駅です。
190406沼津アルプス_008

沼津駅に近づくにつれて、車窓から目指す沼津アルプスの山並みが徐々に見えて来ます。市街地のすぐ傍らに並びたち、まさしく里山と言う言葉の通りの姿をしています。
190406沼津アルプス_009

8時4分 沼津駅に到着しました。
沼津は伊豆半島の付けに位置し、古くから港町として栄えてきた都市です。この圧倒的なまでに海属性の町へ、山登りしにやって来ると言うのも妙な気分がします。
190406沼津アルプス_010

真っ白の駅舎が南国の情緒を誘います。
190406沼津アルプス_011
情緒と言うか、実際問題として登山を開始する前からすでに暑いです。水が足りるか不安になってきたので、自販機で飲料水を追加し合計2.5Lにしました。

結果として、この判断は大正解でありました。

8時20分発の多比行きのバスに乗車します。伊豆箱根バスは西武系列なので、ライオンズカラーの車両です。
190406沼津アルプス_012

車窓から海が見えてきただけで何故か無性にワクワクしてきます。おかしいな、私はいつからこんなに海が好きなったのだろうか。
190406沼津アルプス_013

8時50分 多比バス停に到着しました。
ここまでの運賃は480円です。交通系ICカードには対応していません。小銭を用意しましょう。
190406沼津アルプス_014

バス停の目の前に、海が良く見えそうな防潮堤があったので登ってみます。
190406沼津アルプス_015

眼の前に広がるのは、駿河湾の中でも最も奥まった奥駿河湾と呼ばれる一帯です。前方に見えている山並みは伊豆半島のものです。
190406沼津アルプス_016

奥駿河湾に浮かぶこの島は淡島です。日本がバブリーな景気に沸いていた頃には、世にも珍しい海上ロープウェイで対岸と結ばれていたのだとか。確かに中腹にプラットフォーム跡のようなものが見えます。
190406沼津アルプス_017

背後には、これから登る沼津アルプスの山並みが連なります。防潮堤の上で軽く腹ごしらえして、9時5分に登山を開始します。
190406沼津アルプス_018

 

2.縦走のスタート地点、大平山へ

登山口に向かって住宅地の中を進みます。入り口はバス停から少し戻った横断歩道のある辺りです。道標もなにもないので少々わかりにくいかもしれません。
190406沼津アルプス_019

まだ午前中だと言うのに気温がぐんぐん上昇し、とても4月上旬とは思えないような陽気です。
190406沼津アルプス_020

急勾配の農道を登って行きます。途中に分岐がありますが、どっちへ進んでも最終的に合流するで気にする必要あはありません。
190406沼津アルプス_021

畦には花が満開です。春ですねぇ。
190406沼津アルプス_022

こういう海が見える丘の光景が大好きです。住むとなると色々大変なのでしょうけれど。
190406沼津アルプス_023

ここに来て初めて道標が現れました。ここからいよいよ登山開始です。
190406沼津アルプス_024

と思いきや、道標が現れて以降もまだしばらく舗装道路歩きが続きます。何気に急勾配で、結構な標高を稼ぎだします。高尾山の一号路じゃないんだから、早く土の道を歩かせてくれい。
190406沼津アルプス_025

30分近く歩いたところで、ようやく舗装路の終端にたどり着きました。
190406沼津アルプス_026

沼津アルプスを略して沼アと呼ぶのがオフィシャルな呼称らしい。あした友達に自慢できるかもしれないから、覚えておくと良いでしょう。
190406沼津アルプス_027

よく整備された歩きやすい道です。新緑の若葉に囲まれて実に気持ちが良い。
190406沼津アルプス_028

程なく稜線が見えて来ました。
190406沼津アルプス_029

9時45分 多比口峠に到着しました。沼津アルプスの主稜線に乗ったことになります。ここから先はずっと尾根歩きです。
190406沼津アルプス_030

多比口峠から10分ほど登った場所に大平山の頂上があるので、サクッと往復します。
190406沼津アルプス_031

愛鷹山越しに富士山の頭だけが僅かに覗いていました。この日富士山の姿を見かけたのは結局これが最後で、その後はすっかり雲隠れしてしまいましたが。。
190406沼津アルプス_032

尾根上ではシャガが見ごろを迎えつつありました。
190406沼津アルプス_033

シャガはアヤメの仲間です。白い花びらに上に、青と黄色の不思議なまだら模様がうかんでいます。
190406沼津アルプス_034

山頂が見えて来ました。
190406沼津アルプス_035

9時55分 大平山に登頂しました。沼ア縦走のまずは一座目です。
190406沼津アルプス_035_1

山頂の様子
ひっそりとした静かな山頂です。ベンチの他に、ザック置きと思われるテーブルが一つあります。
190406沼津アルプス_036

山頂には桜が植えられていますが、満開を過ぎてすでに散り始めでした。
190406沼津アルプス_037

展望が開けているのは一ヵ所だけで、眺望はイマイチです。方角的には伊豆方面です。
190406沼津アルプス_038

 

3.沼津アルプス最高峰の鷲頭山へと続く、痩せ尾根と急峻なる登り

まだ縦走のスタート地点に立った言うだけなのに、空腹を覚えてガッツリと休憩を取ってしまいました。10時15分に行動再開です。
190406沼津アルプス_039

富士山は完全に雲隠れ中です。あんなに薄っすらとした雲なのに、綺麗に富士山だけを隠してしまっているような状態です。なんと言う空気を読まない雲なのでしょう。
190406沼津アルプス_040

目指す鷲頭山の姿を視界に捉えました。まるでオデキのような外観です。山頂直下はかなり急峻であることが、遠目にもうかがえます。
190406沼津アルプス_041

まずは鞍部に向かってガッツリと高度を落とします。急な場所にはロープが張られていました。しっかりとコブきなのが何気に有難い。
190406沼津アルプス_042

鞍部一帯は岩の痩せ尾根となっております。沼津アルプスはなかなかどうして、アルペン的な本格派ではありませんか。
190406沼津アルプス_043

つい一時間半ほど前に海際から眺めた淡島の姿が眼下に見えました。
190406沼津アルプス_044

ここで不意に視界が開けて、前方に絶景の予感がします。
190406沼津アルプス_045

真正面に見えているのは箱根です。そういえば、以前に箱根の外輪を歩いた時に、沼津アルプスの姿が良く見えていたっけか。
190406沼津アルプス_046

案の定と言うか、山頂直下急坂でした。足元は滑りやすい濡れた土なので、登りはまだしも下るときにはしっかりとロープを掴んだ方が無難です。
190406沼津アルプス_047

背後にさっきまで居た大平山の姿が見えます。その名前とは裏腹に、あちらも全然平たくなどない急峻な山容をしています。
190406沼津アルプス_048

山頂が見えて来ました。
190406沼津アルプス_049

11時5分 鷲頭山に登頂しました。ここが沼津アルプスの最高地点で、標高は392メートルです。まあ低山ですな。
190406沼津アルプス_050

山頂の様子
さほど広くはない空間に、桜が所狭しと咲き誇っていました。
190406沼津アルプス_051

新芽が出てきて、葉桜になり始めと言ったところでしょうか。ほぼ満開と言って差し支えはなさそうです。
190406沼津アルプス_052

これはソメイヨシノなのかな?桜にさほど造詣が深いわけでもないので、花弁を見ただけではイマイチ種類を識別できません。
190406沼津アルプス_053

シャガも良い感じに見ごろです。見渡す限り、上も下も白い花に彩どられた美しい山頂です。鷲頭山は今がまさにベストシーズンだと言って良さそうです。
190406沼津アルプス_054

本日の行程全体から見ればまだまだ前半戦だと言うのに、早くも来てよかったという満足感に満たされてしまいそうになる、朗らかな山頂でありました。
190406沼津アルプス_055

 

4.沼津アルプス中盤戦、海を眺めながら歩く爽快な尾根道

縦走を続けましょう。鷲頭山からは一旦緩やかに下ります。
190406沼津アルプス_056

すぐに再び山頂のよう場所に行き着きます。鷲頭山の傍らに立つ小鷲頭山です。
190406沼津アルプス_057

ここからは沼津港と千本浜を見下ろすことが出来ます。美しい弧を描いた砂浜ですね。
190406沼津アルプス_058

小鷲頭山を過ぎると、つるべ落としのような急勾配の道となります。すれ違いに登ってくる人たちは皆、息絶え絶えで必死の形相です。
190406沼津アルプス_059

急坂を下りきると、中将岩と呼ばれる大岩の下にでます。
190406沼津アルプス_060

これはなんと評したらよいのでしょうか。一言で言うとでっかい岩です。・・・はい、そのまんまです。
190406沼津アルプス_061

中将のいわれは、平清盛の五男坊がここで切腹して果てた場所だからだそうです。切腹とか言う現代人の感覚では到底理解不明な習慣は、源平の時代にはすでに定着していたのですね
190406沼津アルプス_062

中将岩を過ぎると、しばしの間平坦な道となります。
190406沼津アルプス_063

11時40分 志下峠を通過します。鷲頭山だけに登りたい場合は、ここから取り付くのが最短です。
190406沼津アルプス_064

志下峠に鎮座するこちらの岩は「ぼたもち岩」と呼ばれています。東北弁で言うと「ぼだもづ岩」ですね。どうでもいいことですが、ぼた餅とおはぎは一体何が違うのでしょうか。
190406沼津アルプス_065

峠を過ぎてからも、平坦な気持ちの良いトレイルが続きます。
190406沼津アルプス_066

何やら輝いた感じのする名前の展望台がありました。今流行りのキラキラネームと言うやつでしょうか。
190406沼津アルプス_067

うーん、この松が育ってくる前は眺望が良い場所だったのかもしれません。現状は全然キラキラしておりません。
190406沼津アルプス_068

続いて今度は奥駿河パノラマ台です。さあ、今度はどんな感じでしょう。
190406沼津アルプス_069

こっちは文句なしに素晴らしい眺望です。その名の通り、奥駿河湾を一望できました。
190406沼津アルプス_070

またもや頂上らしき場所にたどり着きました。
190406沼津アルプス_071

12時 志下山に登頂です。
山と高原地図にその名を記載してすらもらえないような不遇の小ピークです。
190406沼津アルプス_072

志下山山頂には、さざなみ展望台なる名称が与えられていました。先ほどからやたらと展望台だらけですね。
190406沼津アルプス_073

この志下山から志下坂峠に至る尾根道こそが、個人的には沼津アルプスのハイライトと言って良い場所だと思います。ここからしばらくは、海が見える視界の開けた道が続きます。
190406沼津アルプス_074

左手に広がるのは奥駿河の静寂なる海面。
190406沼津アルプス_075

前方には沼津の市街地と千本浜の海岸線。
190406沼津アルプス_076

背後を振り返れば、先ほど登っていたばかりの鷲頭山の姿を一望できます。開放的でほんとに気持ちの良い尾根道です。
190406沼津アルプス_077

前方に沼津アルプスの次なるピークである徳倉山が姿を現しました。鷲頭山ほどではないにしても、やはり急峻そうな姿をしておりますなあ。
190406沼津アルプス_078

志下坂峠を過ぎると好展望タイムは終わり、再び急登が始まります。
190406沼津アルプス_079

九十九折れも何もない、男らしいまでの一直線の道です。だんだんと、沼津アルプスと言うやつの性格が見えて来ましたよ。
190406沼津アルプス_080

急坂であるが故に、短時間で見る見る高度が上がって行きます。いい眺めだあ。
190406沼津アルプス_081

時より現れる満開の桜が、急坂に挫けそうになる登山者の心を励ましてくれます。
190406沼津アルプス_082

道中には、機関銃座の跡だと言うただの穴ぼこなどもあります。
190406沼津アルプス_083

再び始まる急登。何気に思ったよりもずっとキツイですぞ、沼津アルプスは。
190406沼津アルプス_084

やっとこさ山頂にたどり着きました。
190406沼津アルプス_085

12時40分 徳倉山に登頂しました。
いやはや、低山だと思って甘く見ていると痛い目を見るような道のりでありました。
190406沼津アルプス_086

山頂の様子
芝生の広々とした空間です。昼寝でもしたら気持ちがよさそう。
190406沼津アルプス_087

本来であれば真正面に富士山が見える場所であるそうですが、相も変わらず薄い雲のヴェールに包まれていて全く見えません。何故よりによってそこにだけ雲が湧いているのでしょうかね。
190406沼津アルプス_088

 

5.幾多のアップダウンを乗り越え、縦走路最後の山、香貫山へ

13時 徳倉山を後にし先へと進みます。例のごとく一直線の急な下りです。沼津アルプスと言うのは、本当にどこまでも真っすぐな奴です。
190406沼津アルプス_089

そしてすぐにまっすぐ登り返しです。ええ、もう驚きはしません。すっかり沼津アルプスのやり口には慣れて来ましたとも。
190406沼津アルプス_090

13時30分 横山を通過します。展望も何もない場所だったので、ここは素通りしました。
190406沼津アルプス_091

まっすぐに登ってはまっすぐに下る。実にシンプルな行程です。少々ダレて来ました。
190406沼津アルプス_092

前方に、ようやく縦走路最後の山である香貫山が姿を見せました。
190406沼津アルプス_093
すぐ近くにゴミ焼却場があるためか、この辺りの空気には少し嫌な匂いを感じました。ダイオキシンを肺いっぱいに吸い込んでしまったかもしれない。

眼下に車道が現れました。八重坂峠に到着です。
190406沼津アルプス_094

登山の最中に車道にぶつかると、何だかもう下山してしまったかのような気分になり、少し興ざめです。
190406沼津アルプス_095

車道沿いに少し歩くと登山口が現れます。それでは最後の山へ張り切って行って見よう。
190406沼津アルプス_096
ええ、実はもう結構バテバテだったりするんですがね。気温が高めなこともあってか、思った以上にスタミナを消耗してしまった感じです。

登り始めてすぐに、なにやら無粋な白いものが横切っていいるのが視界に入りました。・・・ガードレール・・だと。
190406沼津アルプス_097

という事で、またもや車道に出てしまいました。最後の最後が舗装道路歩きだなんて、そりゃないぜ沼津アルプスさん。
190406沼津アルプス_098
と不貞腐れていてもしょうがないので、ともかく登ります。

桜の名所と言うだけあってか、山腹にも所々に花を咲かせていました。
190406沼津アルプス_099

このままずっと舗装路歩きで終わるのかと思っていたところで、山道が現れてほっと一安心です。やはり私は、アスファルトよりも土の道が好きです。
190406沼津アルプス_100

ここで突如として前方に、モッフモフな生き物が姿を現しました。
190406沼津アルプス_101

これはもしかして、幻の希少生物カヌキオオヤマネコなのでは。
190406沼津アルプス_102

※ただの野良猫です。

人慣れしているらしく、何の躊躇もなしに人の足元の脇を通り抜けて行きました。登山者に餌付けされているノラ猫なのかな。
190406沼津アルプス_103

希少生物との予期せぬ遭遇にすっかりと気を取られてしまいました。山頂へ向かいましょう。
190406沼津アルプス_104

香貫山の山頂部は公園として整備されています。という事で、ここまで来ると登山の恰好をしている人はむしろ少数派です。
190406沼津アルプス_105

少し遅かったかもしれないと危惧しておりましたが、香貫山山頂の桜はまだまだ見頃の状態でした。
190406沼津アルプス_106
190406沼津アルプス_108

山頂部がお目見えです。アンテナに占拠されておりますな。
190406沼津アルプス_107

何気に結構長かったこの縦走路も、いよいよ最後の時を迎えます。
190406沼津アルプス_109

14時30分 香貫山に登頂です。
多比を出発してからおよそ5時間半。登ったり下りたりを繰り返す、なかなか歩きごたえのある道のりでありました。
190406沼津アルプス_110

山頂の様子
山頂部の大半をアンテナ施設に占拠されています。展望は一切ありません。
190406沼津アルプス_111

山頂に展望はありませんが、その代わりに少し離れた場所に展望台があります。当然ながら立ち寄りますよ。
190406沼津アルプス_112

こちらがその展望台です。アンテナ設備と展望台を兼務すると言う珍しい形態です。
190406沼津アルプス_113

正面には駿河湾と千本浜。この季節特有の霞の影響で遠くこそ見えませんが、それでも素晴らしい眺望です。
190406沼津アルプス_114

眼下に見下ろすは魚市場で有名な沼津港です。
190406沼津アルプス_115

そして振り返れば、ここまで歩いて来た沼津アルプスの山並みを一望できます。一番奥に見えている尖がった山が鷲頭山で、大平山はここからでは見えません。
190406沼津アルプス_116

そして北には、愛鷹山越しの富士山の大パノラマが。・・・心の目で見ればきっと見えます。
190406沼津アルプス_117

本物が見えないので、仕方がないから模型で我慢してください。
190406沼津アルプス_118

眼下に五重塔があるのが見えます。香稜台と呼ばれる公園です。この後はあそこを目指して下山します。
190406沼津アルプス_119

こんなところにもカヌキオオヤマネコの姿が。山頂には野良猫がやたらと沢山住んでいました。
190406沼津アルプス_120

 

6.沼津アルプス下山編 香稜台を経て黒瀬バス停へ

沼津アルパイン単独という目標は無事に達成されました。下山を開始します。
190406沼津アルプス_121

世界広しと言えども、蛇口付き水道が存在する山だなんて、高尾山くらいなものだ。そう思っていた時期が私にもありました。
190406沼津アルプス_122

サクサク下って香稜台まで下りて来ました。桜シーズンたけなわという事もあってか、駐車場待ちの大渋滞です。
190406沼津アルプス_123

車道とは別にちゃんと登山道もあるので、この煩わしき渋滞に巻き込まれることはありません。
190406沼津アルプス_123_1

という事で無事に下山完了です。登山口が住宅地の只中にあると言うのも、里山ならではの光景です。
190406沼津アルプス_124

15時25分 黒瀬バス停に到着です。
ここから沼津駅までは、徒歩でも30分くらいの距離です。
190406沼津アルプス_125

30分程度なら、いつもならバスを待たずに歩くところですが、今日はもうすっかり歩くのはお腹いっぱいの気分だったので、素直にバスの到着を待ちます。
190406沼津アルプス_126

宣言した通り、帰りは新幹線には乗らずに鈍行列車を乗り継いで帰宅しました。
190406沼津アルプス_127
小田原から乗り換えた小田急線が人身事故に巻き込まれ、結局4時間以上かかったと言う事実をお伝えしておきましょう。という事で、今朝がたの命題に結論は出ました。沼津は新幹線で行くべき場所です。

「意外としんどかった」と言うのが、沼津アルプスを端から端まで歩いてみた率直な感想です。低山ながらも道中のアップダウン大きく、累計の標高差は1,200メートル以上となります。沼津アルプスは、決してお手軽なゆるハイキングコースなどではありません。まる一日をかけてガッツリと歩くコースです。
道中から望む相模湾の展望は低山らしからぬ素晴らしいクォリティを誇り、眺望、歩きごたえ共に、2,000メートル級の山岳に比肩しうるだけ存在であると思います。非常に満足度の高い良ハイキングコースであることは間違いありません。
6時間30分は長すぎると思う方は、途中でエスケープできるポイントは何ヵ所もあるので、程よい位置で切れば良いかと思います。あらゆる人にオススメです。

<コースタイム>
多比バス停(9:05)-多比口峠(9:45)-大平山(9:55~10:15)-鷲頭岳(11:05)-小鷲頭岳(11:20)-志下峠(11:40)-志下山(12:00)-徳倉山(12:40~13:00)-横山(13:30)-香貫山(14:30~14:55)-黒瀬バス停(15:25)

190406沼津アルプス_128

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. macky より:

    オオツキさん こんにちは。
    我が地元の沼津アルプスへようこそ。
    私も昨年志下峠までを歩きましたが、なかなかどうして
    歩き堪えがありますよね。
    アップダウンも割と激しく岩場あり、ロープ場ありと変化に富んだ
    コースを存分に楽しまれた様子。新種のヤマネコの発見も!
    いつかは奥沼津アルプスまで是非どうぞ。
    因みに沼津からの帰りはバスと言う手もありますので
    命題への結論の選択に加えてみてはいかがですか?
    私は断然新幹線をお勧めしますけど(笑)

  2. オオツキ より:

    macky様
    コメントをありがとうございます。
    なるほど高速バスと言う選択肢もありましたか。さらなる苦悶の時が始まりそうです。
    奥沼津もなかなかスリリングで楽しそうなエリアですが、登山とは別に桜エビ食い倒れの旅に沼津へ再訪したいと思う今日この頃です。

タイトルとURLをコピーしました