会津駒ケ岳 秘境と呼ばれた地、桧枝岐に佇む広大な湿原の山

駒の小屋と会津駒ケ岳
福島県の桧枝岐村にある会津駒ケ岳(あいづこまがたけ)に登りました。
かつて秘境と呼ばれた山間の集落、桧枝岐(ひのえまた)の脇に立つ、非常に山深い場所にある山です。広くなだらかな草原状の山頂部を持ち、雪解けのシーズンには広大な高層湿原帯が出現します。
最高の天気のもと、稜線と湿原を愛でる山行きをして来ました。

2017年8月27日に旅す。

 

今回の行き先は、平家の落人伝説で知られる秘境の村、桧枝岐に立つ会津駒ケ岳です。

桧枝岐村の周囲一帯は国内でも有数の豪雪地帯にあたり、夏になると山頂部にはその豊富な雪解け水により高層湿原帯が広がります。
170827会津駒ケ岳_002
駒ケ岳の名を冠した山は日本に多数存在します。

駒とは子馬のことを指します。駒ケ岳の名をもつ山の多くは、雪解けシーズンになると、斜面に馬形の雪渓が現れることが名前の由来となっています。

総じて、駒ケ岳と言うのは豪雪地帯の山に多い名称だと言うことです。

会津駒ケ岳の山頂部に広がると言う湿原帯は、はたしてどんな光景を見せてくれるのか。ワクワクしながらの旅立ちです。

コース
170827会津駒ケ岳_map

滝沢橋登山口から会津駒ケ岳に登頂。駒ケ岳山頂から、高層湿原帯の広がるお隣の中門岳を往復します。

下山は来た道をそのまま引き返します。標準コースタイム7時間半ほどの、そこそこ歩き応えのあるルートです。

1.会津駒ケ岳登山 アプローチ編 秘境の村へのながーい旅路

8月26日(土)
中年二人を乗せた車は、東北自動車道を快調に北上します。
170827会津駒ケ岳_003
目指す会津駒ケ岳の登山口がある桧枝岐村は、物凄い山の中にあります。なにせ秘境と呼ばれるくらいですから。

公共交通機関によるアクセスが非常に悪い場所なので、今日は友人のST君に車を出してもらいました。
桧枝岐村にあるオートキャンプ場で前泊し、翌朝早くから登山を開始しようと言う算段です。

高速道路を降りてからがまた長い。
曲がりくねった山道を延々と走り、峠を幾つも越えて行く必要あります。
170827会津駒ケ岳_004

沼田街道は、伊南川沿いの谷底を上流に向かって奥へ奥へと伸びて行きます。
170827会津駒ケ岳_005

大掛かりなスノーシェッドが次から次へと現れます。
170827会津駒ケ岳_006
日本有数の特別豪雪地帯である桧枝岐に、冬でも安全に通行できる道を維持するためには、これだけの規模の構造物が必要なのでしょう。

出発からおよそ7時間をかけて、ようやく桧枝岐村に入りました。
170827会津駒ケ岳_007
渋滞につかまらなければ、だいたい5時間くらいで到達できるようです。
今回の行程では東京を脱出するのに一番時間を要しました。

桧枝岐の市街地を抜けて、かわばたキャンプ場を目指します。
170827会津駒ケ岳_008
・・・なんか、イメージしていたのとは大分雰囲気が違います。
秘境感と言えるものは全く存在せず、ごく普通の田舎町といった佇まいです。普通に路線バスまで走っているし。

まあ、交通不便な山奥とは言えど、普通に車で往来できる場所ですからねえ。
秘境感に期待して訪れた人は、肩透かしを食らうかもしれません。

16時50分 かわばたキャンプ場に到着
キャンプ料は一人500円です。車一台の駐車代も500円なので、しめて1,500円です。
170827会津駒ケ岳_009
一泊の値段としては破格の安さと言えるでしょう。
テントがあるのならば、車中泊するよりは断然快適なのでオススメです。

オートキャンプ場に山岳用テントを立てる不振な中年二人。
170827会津駒ケ岳_010

キャンプ場の裏手は川になっており、ゴウゴウと音を立てて流れています。
この水音がいい感じに周囲の喧騒をかき消して睡眠導入効果を発揮してくれます。ロケーションは最高です。
170827会津駒ケ岳_011

翌朝に備えて、この日は早々と就寝します。
170827会津駒ケ岳_012

明けて翌8月27日(日) 早朝4時
真っ暗闇の中テントを撤収します。気温は12度しかありません。寒いな(月並みな感想)
170827会津駒ケ岳_013

車で滝沢登山口へと移動します。
170827会津駒ケ岳_014

登山口から少し下がったところに、20台分ほどのキャパの駐車スペースがあります。ここで軽く朝食を取りつつ身支度を整え、5時30分に登山開始である。
170827会津駒ケ岳_015

滝沢登山口まで舗装道路を登っていきます。路肩に溢れんばかりに車が停まっていました。結構人気なんですね、会津駒ケ岳は。
170827会津駒ケ岳_016

2.滝沢登山口から山頂直下の駒の小屋へ

5時45分 滝沢登山口に到着しました。階段を登ると、山道がスタートです。
170827会津駒ケ岳_017
170827会津駒ケ岳_018

登り始めからいきなり樹林帯の急登が始まります。
前日までは雨だったということもあり、登山道はぬかるんでいて非常に滑りやすい状態でした。
170827会津駒ケ岳_019
この山の行程の中で、一番キツイのはこの登り始めの部分です。
後に行くほど道は楽になっていきます。

夏山ならではの、圧倒的に濃い緑の中を登って行きます。
あまり変わり映えのしない光景の中を黙々と登っていく苦行がしばし続きます。
170827会津駒ケ岳_020

7時ちょうどに水場のある休憩ポイントに到着です。
駒の小屋までの行程の中間地点になります。
170827会津駒ケ岳_021

水場は斜面を少し下ったところにあります。
我々は既にキャンプ場で汲んだ桧枝岐の美味しい水を十分な量携えていたので、見には行きませんでした。
170827会津駒ケ岳_022

水場を過ぎると、徐々に道の斜度が緩んで歩きやすい道に変わります。
キツくは無くなったものの、ここから稜線に出るまでがまた結構長いです。
170827会津駒ケ岳_023
170827会津駒ケ岳_024

背後の視界が開けて来ました。
秘境の山というだけあって、視界内に人工物の姿は一切入りません。
170827会津駒ケ岳_025

歩き始めて2時間以上が経過したところで、ようやく草原状の稜線が見えて来ました。
170827会津駒ケ岳_026

周囲に背の高い木が無くなって来ました。森林限界が近い。
170827会津駒ケ岳_027

会津駒ケ岳の山頂部が姿を現しました。
まるで小高い丘のようなこんもりとした姿をしています。
170827会津駒ケ岳_028

駒の小屋の姿も視認できました。
170827会津駒ケ岳_029

広角レンズに換えて駒ケ岳をもう一枚。
実に広角映えする光景なので、この先はしばらく広角レンズをつけたままで行きます。
170827会津駒ケ岳_030

稜線に出ると、周囲には多数の池塘が広がっていました。
170827会津駒ケ岳_031

とても標高2,000メートルオーバーの場所とは思えないような、平坦な大地が広がっています。
スケールを大きくした大菩薩嶺といった風情です。
170827会津駒ケ岳_032
170827会津駒ケ岳_033

見上げる駒の小屋。
最高のロケーションにある小屋ですね。
170827会津駒ケ岳_034

正面の雲に覆われている山は、東北地方最高峰のタイトルをもつ尾瀬の名峰、燧ケ岳(2,356m)です。
遠くからでも一目でわかる特徴的なシルエットをした双耳峰ですが、山頂部が雲に隠れてしまっていては全く判別できません。
170827会津駒ケ岳_035

8時5分 駒の小屋に到着しました。
ここまでノンストップで登ってきたので、ここで一本立てます。
170827会津駒ケ岳_036

小屋の前には駒ノ大池と言う名の池があります。大池というほどの大きさには感じませんでしたが、雪解け直後であればもっと大きいのでしょう。
170827会津駒ケ岳_037

池があるのなら、そこでやるべきことは一つです。多少水面が揺らいではいるものの、見事な逆さ駒ケ岳を見せてくれました。
170827会津駒ケ岳_038

ええー景色やのうー
と、しばし絶景に見ほれるオヤジである。
170827会津駒ケ岳_039

需要があるかどうかわかりませんが、とりあえず逆さ駒の小屋を撮ってみました。
170827会津駒ケ岳_040

3.会津駒ケ岳登山 登頂編 花咲く湿原と恐怖のスリップ木道

山頂へ向かいます。
木道に湿原という、実に尾瀬っぽさ満点の光景です。
170827会津駒ケ岳_041

ちなみに、会津駒ケ岳は全域が尾瀬国立公園の中に含まれています。

なので、ここは一応尾瀬です。まあ、普通尾瀬と言われたら、それは尾瀬ヶ原のことを差しているとは思いますが。

小屋付近の湿地帯には、数多の高山植物が花を咲かせていました。
170827会津駒ケ岳_042

これはイワショウブ。ユリ科の多年草です。
170827会津駒ケ岳_043

おなじみのハクサンコザクラ。わりと多くの山で見かける定番の高山植物です。
170827会津駒ケ岳_044

同じく定番中の定番中、チングルマ。
170827会津駒ケ岳_045

木道の急坂を登っていきます。この木道が曲者で、浮いていたりナナメッていたりで、歩きにくいことこの上ない。
170827会津駒ケ岳_046

振り返ってみる駒の小屋。遠くには日光方面の山々が見えるはずなのですが、曇っていて遠望は効きません。
170827会津駒ケ岳_047

中門岳へ通じる巻き道との分岐まで登って来ました。ここまで来れば、山頂まではもうあと一息です。
170827会津駒ケ岳_048

この藪の中の木道がまた、表面が濡れたままで物凄く滑ります。登りですらズルズル滑るので、下りなら最低最悪な状態でしょう。
170827会津駒ケ岳_049

わりとあっけなく山頂が見えて来ました。
170827会津駒ケ岳_050

8時30分 会津駒ケ岳に登頂。
駒の小屋からは15分くらいで登ってこれます。
170827会津駒ケ岳_051

山頂の様子
あれだけ広々とした草原状の山なのに、山頂部は非常に狭いです。
170827会津駒ケ岳_052
休憩するのには不向きなので、さっさと次へ向かいます。

4.広大な高層湿原帯の広がる中門岳

中門岳へ向かおうとしたところで、先ほどまでの快晴と打って変わって、稜線からガスが立ち昇って来ました。

ちょうど駒ケ岳自体が盾になって、駒の小屋側へのガスの流入を防いでくれている格好です。
170827会津駒ケ岳_053

斜面にニッコウキスゲが咲いていました。もうとっくにピークは過ぎて、散る寸前の状態でした。
170827会津駒ケ岳_054

駒ケ岳から中門岳へと至る稜線上は、数多の池塘が点在する湿原帯となっております。
170827会津駒ケ岳_055
170827会津駒ケ岳_056

この道の両脇に広がる風景がこれまた大変素晴らしい。

会津駒ケ岳へお越しの際は、駒ケ岳山頂までで引き返さずに、是非とも中門岳まで足を伸ばしてみて欲しいです。

ワタスゲの群落。ニッコウキスゲと同様に、ピークは過ぎて散る寸前の状態です。
170827会津駒ケ岳_057

こちらはキンコウカ。ちなみに毒草です。食べる人は居ないとは思いますが念のため。
170827会津駒ケ岳_058

先ほども見たイワショウブ。
170827会津駒ケ岳_059

こちらはミヤマリンドウ。比較対象が無いので分り難いですが、非常に小さな花です。
170827会津駒ケ岳_060

ここの木道は全般的に整備不良気味です。腐って折れていたり、踏むと動いたりと罠が満載です。足元が大変危険なので、湿原の美しい光景を愛でたい時には、立ち止まってから鑑賞しましょう。
170827会津駒ケ岳_061

偉そうな事を言っておりますが、私はこの先の下り坂で盛大にコケました。前方に広がる絶景に目が行って、足元をロクに見ていなかったのが敗因です。
170827会津駒ケ岳_062
まったく、ケツが割れるかと思ったぜ。

一際大きな池が現れました。
170827会津駒ケ岳_063

中門岳の山頂標識がありました。この場所が最高地点というわけではありません。顕著なピークの無いなだらかな山頂なので、一番広いところに標識を立てただけのようです。
170827会津駒ケ岳_064

登山道は、山頂標識の少し先まで続いています。いける所までは行ってみようということで、前進を継続します。
170827会津駒ケ岳_065

木道が尽きました。どうやらここがゴールのようです。
170827会津駒ケ岳_066

正面に見えているのは大戸沢岳(2,089m)です。登山道が存在しない藪山です。雪のある時期であれば、登ること自体は可能なようです。
170827会津駒ケ岳_067
ここでザックを落として弁当を広げました。

5.会津駒ケ岳登山 下山編 灼熱地獄と化した樹林帯の下山路

名残惜しいけれど、下山を開始します。
170827会津駒ケ岳_068

オオツキケツ割ノ坂(ST君命名)を登る。
170827会津駒ケ岳_069

ガスが晴れて駒ケ岳の姿が一望できました。
170827会津駒ケ岳_070

こちらは中門岳方向の展望。
170827会津駒ケ岳_071

晴れたのは、ほんの短時間の出来事です。すぐに新手のガスが立ち昇り、山頂部を覆い隠しました。
170827会津駒ケ岳_072

恐怖のスリップ木道を通りたくなかったので、帰りは巻き道を通って駒ケ岳山頂を巻きました。巻き道自体も安全からは程遠い道で、ST君は木道か滑り落ちて宙を舞っていました。
170827会津駒ケ岳_073

木道の下りは、最後の最後まで油断できません。ここはゆっくりと慎重に下りました。そうそう何べんもコケたくは無いのでね。
170827会津駒ケ岳_074

10時10分 駒の小屋まで戻って来ました。
170827会津駒ケ岳_075

完全予約制の素泊まり小屋です。寝具つきで宿泊料は3,000円と、大変リーズナブルです。立地のよさも相まって、非常に人気が高い小屋です。
170827会津駒ケ岳_076
ここで山の定番のお土産である山バッチを購入。お値段は600円でした。

熊の敷き革
170827会津駒ケ岳_077

小屋の前からみた会津駒ケ岳。この小屋の立地は本当に最高です。
170827会津駒ケ岳_078

何時しか眼下には雲海が広がっていました。雲より高い駒ケ岳です。
170827会津駒ケ岳_079

風が出てきたのか、逆さ駒ケ岳は見えなくなっていました。この時間に登ってきた人には残念賞です。
170827会津駒ケ岳_080

10時20分 下山を開始します。山のこちら側は、相変わらずの快晴状態でした。
170827会津駒ケ岳_081

ここで嬉しいサプライズ。行きしには雲の中に隠れてしまっていた燧ケ岳が、完全な姿を見せてくれました。
170827会津駒ケ岳_082

駒ケ岳もこれで見納めです。
170827会津駒ケ岳_083

再び苦行の樹林帯へと戻っていきます。
170827会津駒ケ岳_084

湿ってぬかるんだ急坂は、案の定とても良く滑ります。これ以上コケてたまるかと、慎重に下りました。
170827会津駒ケ岳_086

すっかり気温の上がった樹林帯の道は灼熱地獄と化していました。朝の涼しいうちに登っておいて正解でした。
170827会津駒ケ岳_087

最後の階段を下って、無事に文明社会へ帰還です。木道から宙を舞ったST君は、どうやら無事とはいかなかったようですが。。
170827会津駒ケ岳_088
170827会津駒ケ岳_089

行きしと同様に、駐車場まで舗装道路をテクテクと下っていきます。
170827会津駒ケ岳_090

12時30分 スタート地点の沢登山口駐車場まで戻って来ました。
行動時間は7時間ちょうど、長すぎず短すぎない程よい行程でありました。
170827会津駒ケ岳_091

下山後にすべきことは温泉です。アルザ尾瀬の郷という温泉施設に立ち寄って、汗を流し落としました。
170827会津駒ケ岳_092
浴槽が露天風呂しかないと言う、一風変わった温泉です。温めでほんのりと硫黄の香りのするお湯でした。

入浴料は通常500円ですが、キャンプ場の利用者は300円で入れる割り引きチケットを購入できます。

温泉の隣にあったお食事どころで昼食をとって、長い長い帰還の途につきました。
170827会津駒ケ岳_093
170827会津駒ケ岳_094

高層湿原帯マイブームに乗ってやってきたこの会津駒ケ岳ですが、山頂から中門岳に至る稜線上には、まさに期待していた通りの光景が広がっていました。
交通不便極まる地にある山ではありますが、それだけの苦労に十分見合うだけの価値のある山だと思います。
登り始めに樹林帯の急坂という試練が待ち構えていますが、森林限界を超えてから先には、息を呑むような草原状の美しい稜線が広がっていました。是非とも、晴天の日に登って欲しい山です。
今年の夏山シーズンは、何処へ行っても灰色の空をしたハズレ天気ばかりでしたが、8月も下旬になってようやく夏山らしい青空の下で満足の行く登山が出来ました。
決して気軽に行ける山ではありませんが、非常にオススメです。

<コースタイム>
滝沢登山口駐車場(5:30)-滝沢登山口(5:45)-駒の小屋(8:05~8:15)-会津駒ケ岳(8:30)-中門岳(9:05~9:15)-駒の小屋(10:10~10:20)-滝沢登山口(12:20)-滝沢登山口駐車場(12:30)

170827会津駒ケ岳_095

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました